ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

宇佐市(大分県)

更新日:2020年4月10日更新 印刷ページ表示

提携年月日2004年(平成16年)7月30日

宇佐神宮

宇佐神宮の画像

宇佐市章

宇佐市章の画像

宇佐市の様子

宇佐市の様子の画像

宇佐市の基本情報

  • 人口 53,287人(令和2年4月現在)
  • 面積 439.05km2
  • おもな行事
    鷹栖観音鬼会(1月)、鎮疫祭/御心経会(2月)、みなと祭り(7月)、盆地祭り(7月)、夏越祭り(8月)、安心院ぶどう祭(9月)、宇佐神宮放生会(10月)等
  • おもな名所・旧跡
    宇佐神宮、宇佐風土記の丘、東光寺五百羅漢、芝原善光寺、四日市東西別院、安心院の鏝絵(こてえ)、龍岩寺等
  • おもな特産品・名物
    すっぽん、豊幸ガニ、鮎、ゆず、タマネギ、きゅうり、イチゴ、ぶどう、麦焼酎、ワイン等
  • 宇佐市役所
    ホームページ:宇佐市ホームページホーム<外部リンク>

宇佐市の概要

 宇佐市は、大分県の北部、国東半島の付け根に位置しています。市の北部、周防灘に面した海浜地域から平野地域、都市的地域、中山間地域、内陸盆地地域及び南部の大規模な森林地域まで非常に多様な地域構成です。
 宇佐は古代から開けた土地の一つであり、歴史にたびたび登場します。かつて国家の大事の際には、宇佐使(うさづかい)とよばれる天皇の使いが宇佐神宮につかわされていたことも、宇佐の重要性を物語っています。
 昭和42年(1967年)4月1日、四日市町、駅川町、長洲町、宇佐町の4町が合併し市制がしかれました。その後、平成17年(2005年)3月31日に宇佐市、安心院町、院内町が合併し、新「宇佐市」が誕生しました。宇佐市内には数多くの文化財が残されており、なかでも日本中に4万数百あるといわれる八幡神社の総本社でもある宇佐神宮は鎮守の神として広く親しまれています。
 また、周防灘からの豊かな水産物、平野部での土地利用型農業、山間部での高付加価値農業、情報技術・自動車等の技術産業、歴史遺産やグリーンツーリズムを活かした交流・観光などが盛んです。

奈良と宇佐の交流

 奈良時代、聖武天皇が東大寺を建立する際、宇佐八幡は大変重要な働きをしました。八幡神は東大寺を守る神として祀られるようになり、朝廷は国家の重要な事柄について八幡神に伺いを立てるようになりました。
 平成14年(2002年)の東大寺大仏開眼1250年記念の際に宇佐八幡神輿、東大寺御神幸が再現されたことをきっかけに、平成16年(2004年)に宇佐市で開催された「東大寺サミット・2004 in 宇佐」会期中の7月30日に友好都市提携をしました。