ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > このホームページの使い方 > リンク・免責事項

本文

リンク・免責事項

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

リンクについて

この奈良市ホームページ(奈良市)から発信するコンテンツは“リンクフリー”です。自由にURLを他のホームページ(検索エンジン等を含む)に掲載し、リンクを張っていただいてかまいません(メール等で市に承認を求めていただく必要もありません)。

リンクはトップページに限らず、どのページに対して張っていただいてもかまいませんが、サイトのページ構成は諸事情により変更になる可能性がありますのでご了承ください。

なお、奈良市のホームページをリンクしている他の団体もしくは個人によるホームページの内容については、奈良市は一切の責任を負いません。
リンク元のホームページに記載される意見、主張、立場および見解は、奈良市の管理下にない個々の独立した団体または個人に帰属し、奈良市の意見、主張、立場または見解を意味するものではありません。

著作権について

本サイトに掲載の文章、画像などの著作権は、奈良市または原著作者に帰属します。
「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、本サイトに掲載の文章、画像などについて無断で複製・転用することを禁止します。

免責事項

以下について、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

セキュリティに関する設定について

本サイト内の一部では、プライバシーの保護やセキュリティ対策に“SSL”を使用した暗号化通信を用いて通信の秘匿性を高めていますので、ブラウザの設定によっては、ページが表示されないことがあります。
ページを表示するためには、SSL3.0、Java Script及びCookieが有効になっている必要がありますので、お使いのブラウザのセキュリティレベルを確認してください。

セキュリティ強化に伴う「TLS1.0、1.1の無効化」のため、携帯電話(ガラ携)及び一部スマートフォンでは本ホームページをご利用いただくことができません。

背景

通信暗号化プロトコルであるTLSのバージョン1.0、1.1では以前から複数の脆弱性が確認されております。
脆弱性を突かれると暗号解読が可能となり、IDやパスワードなどWebページに入力した内容や表示された内容が攻撃者に読み取られてしまう危険性があります。
PCI DSSとよばれるクレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準で、2018年6月30日をもってTLS 1.0の利用を停止するように基準が改定され、このタイミングでインターネット業界においてもTLS1.0の廃止の動きが広がりつつあります。

各ブラウザ対応表

ブラウザ Internet
Explorer
Mozilla
Firefox
Google
Chrome
Safari
(PC版)
Safari
(モバイル版)
ガラケー
独自ブラウザ
バージョン 11 以上
(最新:11)
27 以上
(最新:61)
30 以上
(最新:55)
7 以上
(最新:11)
5以上
(最新:11)
未対応

 

翻訳について

奈良市公式ホームページを自動翻訳サービスにより外国語に翻訳します。
この翻訳は、Google翻訳の機能を利用し、日本語版「奈良市公式ホームページ」の翻訳を機械的に行いますので、内容が100パーセント正確であるとは限りません。翻訳文によっては、本来の意味からはずれた結果になることもあります。

検索について

奈良市公式ホームページではGoogleカスタム検索を利用しています。新しく登録されたページ等が検索結果に表示されるようになるまでに数日かかることがございます。

ソーシャルプラグインについて

奈良市公式ホームページ内のページには、情報の拡散等を目的にFacebookとTwitter(平成30年12月1日時点)のソーシャルメディアボタンを設置しております。このようなソーシャルメディアの利用者が、ログインした状態でボタンが設置されているページを閲覧した際、当該ソーシャルメディアを運営する事業者に対して、閲覧者(利用者)に関する情報(ユーザーID、アクセスしているサイト、日時、ブラウザ関連の情報など)が送信されることがあります。送信される情報の範囲等、詳細につきましては、各ソーシャルメディアのサービスのプライバシーポリシー等をご確認ください。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)について

奈良市公式ホームページでは、Googleによるアクセス解析ツール「Google アナリティクス」を利用しています。
Google アナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
Google アナリティクスの利用規約及び、プライバシーポリシーに関する説明は、同社のサイトをご覧ください。
収集されたデータは、このホームページを改善する目的以外に利用することはありません。

Googleのプライバシーポリシー<外部リンク>