ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > 観光 > キャンベラ市(オーストラリア)

本文

キャンベラ市(オーストラリア)

更新日:2020年4月10日更新 印刷ページ表示

提携年月日1993年(平成5年)10月26日

国会議事堂からの眺め

国会議事堂からの眺めの画像

キャンベラ市章

キャンベラ市章の画像

キャンベラ奈良公園

キャンベラ奈良公園の画像

キャンベラ市の基本情報

  • 人口 428,100人(令和2年4月現在)
  • 面積 2,358km2
  • 日本との時差 +1時間(10月最終日曜日~3月第1日曜日は夏時間のため+2時間)
  • おもな名所 国会議事堂、バーリー・グリフィン湖、国立美術館、オーストラリア戦争記念館など
  • キャンベラ市のホームページ Home- Act Government<外部リンク>(英語)

キャンベラ市の概要

 日本とは赤道をはさんで反対側の南半球の国、オーストラリアの首都であるキャンベラ市は、緑の多い美しい街です。
 1830年代にヨーロッパ人たちがキャンベラに移住し始め、1908年にオーストラリアの首都に選ばれました。キャンベラとは「出会いの場」という意味です。長い間キャンベラを含むオーストラリア首都特別地域はオーストラリア連邦政府の直轄地でしたが、1989年から独自の政府機構を設置することが認められ今に至っています。
 キャンベラは米国人の建築家、ウォルター・バーリー・グリフィンにより設計された完全計画都市で、中心部には彼の名を冠した人工湖、バーリー・グリフィン湖があります。
 研究基盤が整備されているキャンベラでは、情報工学や電気通信など先端分野での研究が行われています。また、農業も行われており、果物や切り花、ワインなどが出荷されています。

提携の経緯および交流の内容

 奈良とキャンベラの間では、長い間民間レベルでの交流が行われていました。また、オーストラリアにあるカウラ日本人墓地の清掃に取り組んだ登美ヶ丘カトリック教会の故トニ・グリン神父の活動などがきっかけとなり、平成5年(1993年)10月26日、奈良市にて姉妹都市提携を行いました。
 姉妹都市提携後は両市の学校間の交流などの教育交流、スポーツ交流、文化交流などが盛んに行われています。

キャンベラ奈良平和公園

 キャンベラ市には、「キャンベラ奈良平和公園」と名付けられた公園があります。
 この公園は、平成11年(1999年)4月に同市のバーリー・グリフィン湖畔にあるレノックスガーデンの中に造られたもので、建設に当たっては、奈良市民の寄付が集められました。公園内の春日灯篭のなかには、寄付をしてくださった一万人の奈良市民の名前が入ったタイムカプセルが埋められています。
 キャンベラ奈良平和公園は、市民の憩いの場となっており、平成15年(2003年)からは奈良市との姉妹都市友好関係を祝うため毎年「キャンベラ・奈良キャンドルフェスティバル[PDFファイル/214KB]」が開催されています。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)