ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > 観光 > 奈良市・太宰府市友好都市提携20周年(令和4年)

本文

奈良市・太宰府市友好都市提携20周年(令和4年)

更新日:2022年6月27日更新 印刷ページ表示

奈良市と太宰府市は友好都市提携20周年を迎えます。(令和4年)

奈良市と太宰府市(福岡県)は平成14年(2002年)6月27日に友好都市提携を行ってから、令和4年で20周年を迎えます。

奈良時代の太宰府市は、朝廷の九州統治と外交の任にあたる官庁「大宰府」が設置されたことで、遠の朝廷(とおのみかど)と呼ばれるなど、九州の政治・経済・文化の中心として栄え、そこを窓口として多くの大陸文化が平城京にもたらされました。また、天下の三戒壇の一つが、天平宝字5年(761年)に観世音寺に創建され、また、総国分寺としての東大寺に対して、筑前国分寺が建立されています。
このように、歴史的に縁が深い両市は、太宰府市の市制20周年に当たる平成14年(2002年)に奈良市で開催された「第11回東大寺サミット」会期中に友好都市提携をしました。

[盟約宣言書]

盟約宣言書

20周年記念関連情報
 20周年に関連する情報を随時ご案内していきます。

関連情報

 

皆さまのご意見をお聞かせください。

情報量は充分でしたか?
内容は分りやすかったですか?
情報をすぐに見つけられましたか?