ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > 観光 > 「幻の大仏鉄道 遺構めぐりマップ」

本文

「幻の大仏鉄道 遺構めぐりマップ」

更新日:2018年4月1日更新 印刷ページ表示

平成26年度、奈良市と木津川市が共同で作成した「幻の大仏鉄道 遺構めぐりマップ」。配布開始以来、非常に多くの市民・観光客の方々に親しんでいただいております。

マップには、遺構めぐりをより楽しんでいただけるよう、沿線の風景や花々も掲載。マップを手に、季節ごとに異なった表情を見せる廃線跡を、ぜひ歩いてみてください。

*マップは下「ダウンロード」から、ご覧いただけます。

大仏鉄道とは

「大仏鉄道」は、明治時代の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の加茂と奈良を最短距離で結んだ、約10キロの路線の愛称です。

この路線は、明治31年に加茂駅から大仏駅(奈良市法蓮町、明治40年に廃止)の区間が開業。大仏駅は東大寺の大仏詣で多くの人々が利用して、同社の花形路線となりました。

翌年、奈良駅まで路線を延伸しましたが、明治40年に加茂駅から木津駅を経て奈良駅へ至る平坦なルート(現在のJR関西本線)が開通すると、黒髪山など急坂の難所を抱えているこの路線は廃線になりました。

営業期間はわずか9年で、当時の資料がほとんど残っていないことから、同鉄道は「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。

配布場所

奈良市役所観光戦略課、奈良市総合観光案内所(JR奈良駅旧駅舎)、近鉄奈良駅観光案内所、観光センターなど

ダウンロード

幻の大仏鉄道 遺構めぐりマップ[PDFファイル/2.8MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)