ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 奈良町 > 町家等・景観・風致の保全 > 奈良町 > 令和3年度に実施する奈良市都市景観形成地区内の伝統的でない建物の外観の修景に関する補助金について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 開発・工事 > 奈良町の保全と補助 > 奈良町 > 令和3年度に実施する奈良市都市景観形成地区内の伝統的でない建物の外観の修景に関する補助金について

本文

令和3年度に実施する奈良市都市景観形成地区内の伝統的でない建物の外観の修景に関する補助金について

更新日:2020年4月13日更新 印刷ページ表示

令和3年度奈良市都市景観形成地区建造物保存整備費補助金

【募集期間】令和2年4月13日(月曜日)~令和2年8月31日(月曜日)
【事業期間】令和3年4月末頃(交付決定日)~令和4年2月25日(金曜日)

1.事業趣旨・対象事業

ならまちの景観を保全するために、奈良町都市景観形成地区内に所在する非歴史的建造物の新築、建替え、改修等の事業のうち、周囲の町並みに調和するようなものとなるよう景観形成を図る建造物の道路に面した外観の修景事業に要する経費の一部について、予算の範囲内で補助金を交付します。

修景とは

建造物を周囲の景観に調和させて景観形成を推進する行為をいい、外観がこの地区にふさわしい形態となるよう、修景基準に基づいた建造物の整備を行うことです。伝統的でない建造物の増改築や建造物の新築などが対象行為となります。修景基準は、応募要項を確認ください。

※奈良町都市景観形成地区内における歴史的な建造物の修理事業については、奈良市歴史的風致形成建造物保存整備事業補助金をご利用ください。

2.対象区域

奈良町都市景観形成地区(なら・まほろば景観まちづくり条例第9条第1項の規定により指定された地区)

補助対象区域

3.補助金額

1件あたり補助対象経費の10分の5以内の額(千円未満切捨) 限度額800万円

4.補助事業の対象者(対象者の資格)

  1. 補助対象物件の所有者
  2. 補助対象物件に係る借地権、借家権、使用権等を有する方で、事業実施について所有者全員の同意を得ている方

※その他、対象者等の要件は募集要項を確認ください。

5.応募方法・必要書類

応募方法及び必要書類は募集要項と応募の手引きを必ず確認ください。

6.応募までの手続き

応募書類の提出までに、事業内容(外観の意匠)の確認のための指定機関の意見聴取を実施します。

応募までに必ず事前相談が必要になりますので、応募の手引きを確認のうえ、お早めに奈良町にぎわい課(Tel:0742-24-8936)にご連絡ください。

事前相談から応募書類提出までに少なくとも一か月ほど期間を要します。事業内容によっては、さらに時間を要する場合がありますので、ご注意ください。

指定機関

奈良市が奈良町の町並みの保全を目的に、補助金を効果的に運用するために指定する機関。
名称:「奈良町家塾[PDFファイル/73KB]」(奈良町の町家の設計に精通している建築家等で構成)

7.注意事項

補助要綱・補助要領等

この補助事業は以下の要綱等に基づき実施しています。

以下の行為を実施した場合は、補助金の交付決定の取り消し、返還等を命じることがあります。行為を実施する場合は、事前にご相談ください。

  • 補助金を他の用途で使用したとき
  • 補助金の交付決定の内容またはこれに付した条件に基づく市長の処分に違反したとき
  • 補助事業で整備した建造物の財産について、事業完了後10年以内に、市長の承認を受けないで補助金の交付の目的に反して、使用、譲渡、交換、取り壊し、貸し付けまたは担保したとき

情報の公開について

審査過程の公平性や透明性を高めるため、また、本事業の普及を図るための各種報告、広報活動等において、補助対象物件の名称、所在地、事業概要(事業費、補助金額、修景前後の写真、意見聴取内容)等について必要に応じて公表しますので、あらかじめご承知おきください。

その他の手続きについて

本事業に係るその他の手続き(建築確認申請、景観法及びなら・まほろば景観条例に基づく届出等)については、各関係機関に直接お問い合わせいただき、応募者ご自身の責任で行ってください。

8.社会資本整備総合交付金事業

奈良市都市景観形成地区建造物保存整備費補助金は、国の社会資本整備総合交付金を活用し、社会資本総合整備計画(第3期奈良県地域住宅等整備計画)に基づき、事業を実施します。

  • 基幹事業名 住環境整備事業(街なみ環境整備事業)
  • 事業箇所名 奈良町及び奈良公園地区

街なみ環境整備方針説明書[PDFファイル/3.3MB]

これまでの補助事業の実績

年度

修理件数

修景件数

修理・修景

昭和63年度~平成5年度

20件

21件

1件

平成6年度

7件

6件

0件

平成7年度

10件

2件

0件

平成8年度

13件

4件

2件

平成9年度

12件

6件

0件

平成10年度

7件

6件

1件

平成11年度

6件

5件

1件

平成12年度

7件

7件

0件

平成13年度

10件

0件

0件

平成14年度

7件

3件

0件

平成15年度

4件

0件

0件

平成16年度

5件

2件

0件

平成17年度

7件

1件

0件

平成18年度

5件

1件

0件

平成19年度

5件

2件

0件

平成20年度

8件

2件

0件

平成21年度

3件

5件

0件

平成22年度

3件 4件 0件

平成23年度

3件

2件

0件

平成24年度

5件 1件 0件

平成25年度

6件 2件 0件

平成26年度

14件 1件 0件

平成27年度

9件 5件 0件

平成28年度

2件 2件 0件

平成29年度

- 0件 -
平成30年度 - 0件 -
令和元年度 - 0件 -

※平成29年度に補助要綱を改正し、以降、奈良町都市景観形成地区保存整備事業費補助金では、修理事業は実施しておりません。

補助事業による改修等の事例

事例3

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


奈良町は、奈良時代の平城京の外京(げきょう)と呼ばれるエリアを中心に、平安末期の11~12世紀頃寺社の仕事に携わる人々によって形成されました。

中世以降、「寺社のまち」、「商工業のまち」、「観光のまち」として、人々の営みとともに発展してきた奈良町は、豊かな歴史や文化が育んだ、町家などの歴史的な建物や伝統行事が残り、多くの人々を惹きつける魅力あふれる「まち」になっています。