ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 奈良市史料保存館へようこそ!

本文

奈良市史料保存館へようこそ!

更新日:2021年9月7日更新 印刷ページ表示

ご来館のお客様へお願いとご注意

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来館の際には、下記についてご協力をよろしくお願いいたします。

  • 体調がすぐれないとお感じの方は、ご来館をお控えください。
  • 館内が混雑する場合、一時入館をお控えいただく場合があります。
  • 必ずマスクをご着用ください。
  • せき・くしゃみをする際は、ハンカチやティッシュなどで口や鼻をおさえるなど、せきエチケットをお守りください。
  • 手指の消毒、手洗いなどを励行いただきますようお願いいたします。
  • 館内での談話はお控えください。
  • ほかのお客様との距離(2m程度)にご留意ください。

※体調に不安のある方の相談窓口など(新型コロナウイルス関連情報まとめ)はこちら

レファレンスについて

長時間滞在による「密」状態をさけるため、史料などのお問い合わせはできるだけ、メール・電話・郵送でお願いします。

 

展示のご案内

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展示・イベントの予定を変更することがあります。

特別陳列「ならまち歳時記」

季節にちなんだ伝統行事や風物詩を、実物史料などで紹介します。約1ヶ月ごとに展示テーマを変えて開催。令和3年度展示の年間予定はこちら。

企画展示の予定

史料保存館企画展示 「奈良町の氏神さん 御霊神社とその祭り」

開催期間 令和3年9月7日(火曜日)~10月31日(日曜日)

奈良町には町ごとにお祭りしている神社とは別に、数十町がともにお祭りしている広い氏子圏を神社がいくつかあります。薬師堂町に鎮座する御霊神社はそのひとつです。毎年10月12日、13日に行われる例祭は少なくとも中世にさかのぼる歴史をもつ大祭です。奈良町で長く人々に親しまれてきた御霊神社とその祭りについて史料や祭具などで紹介します。
詳しい展示の紹介はこちら。

史料保存館デジタルギャラリー

史料保存館で保管する、絵地図、古写真を12点公開しています。これから部分図や新規史料を少しずつ増やしていく予定です。詳しくはこちら。

 

 

通りからみた史料保存館
こちらが奈良市史料保存館。奈良町の町家をイメージした、落ち着いた外観。
入口は、格子の右側です。

てんじしつのようす
展示室の様子

ぶぎょうしょもけい
常設展示中の奈良奉行所模型

がんごうじそせき
中庭に展示している元興寺鐘楼の礎石
(館内からご覧になれます)

施設の案内

 史料保存館は、奈良市に残る古文書や歴史資料の収集、調査、保管、展示などを行っている施設です。奈良町のなりたちや歴史について、模型やパネルで紹介しています。

 また、古文書や古絵図などをとおして、いろいろな角度から、奈良の魅力を再発見できる場所です。年中行事や季節の風物詩を約1ヶ月ごとに内容を変えて紹介する「特別陳列 ならまち歳時記」や、企画展示などを開催中。奈良町の伝統と歴史をより深く知って、奈良町探訪の参考にしてみませんか。

 現在、史料保存館があるあたりは、奈良時代の元興寺(がんごうじ)で、中近世になると、家が建ち並ぶ町になっていったと考えられています。

 発掘調査をすると、町家の跡だけでなく元興寺の建物の礎石が見つかることがあります。中庭に展示している大きな礎石は、元興寺の鐘楼(しょうろう)のものと推定されています。

 ならまち散策のスタートに、また、散策で疲れた体を休めながら、奈良町の歴史にふれてみませんか?
 (お食事はできませんが、休憩はどうぞ(^_^)ご協力よろしくお願いします<(_ _)>)

 過去の展示のご案内はこちら。

 奈良市史 通史三・通史四をPDF版で読めるようになりました。詳しいページはこちら。

所蔵史料を少しご紹介

奈良町絵図

奈良町絵図(御霊神社・元興寺周辺部分)

江戸時代中期の奈良町を描いたと考えられる手書きの町絵図です。町名や寺社名、川や池、水路、町木戸の位置などが細かく書き込まれています。今回紹介しているのは、御霊神社・元興寺周辺部分です。元興寺には五重塔、御霊神社には鳥居が描かれています(全体図は、史料保存館デジタルギャラリーで紹介しています。)

 

場所

奈良市脇戸町1-1

電話

0742-27-0169(ファックスはありません)

入館

無料。

入館時間

午前9時~午後5時。(入館は午後4時30分まで)

その他

トイレは男女各1、多目的トイレ1

史料の閲覧等

研究・調査など目的が明確な場合に限り、史料等を閲覧できます。閲覧、掲載、貸出等を希望されるときは、事前に電話またはメールで奈良市役所文化財課もしくは史料保存館にお問い合わせの上、許可申請書を提出してください。(奈良市役所の所在地はこちらをクリック)
許可申請書の説明・ダウンロードはこちらをクリックしてください。

休館日

  1. 月曜日(その日が休日のときは開館、その後最初の平日に休館)
  2. 休日の翌日(その日が土曜日・日曜日・祝日のときは開館)
  3. 年末年始(12月29日から1月3日)
  4. その他、臨時に休館する場合があります。
令和3年度休館日一覧表
休館日
令和3年4月 5・12・19・26・30日
5月 1~31日
6月 7・14・21・28日
7月 5・12・19・26日
8月 2・10・16・23・30日
9月 6・13・21・24・27日
10月 4・11・18・25日
11月 1・4・8・15・22・24・29日
12月 6・13・20・27・29~31日
令和4年1月 1~3・11・17・24・31日
2月 7・14・21・24・28日
3月 7・14・22・28日

交通アクセス

徒歩

 近鉄奈良駅から徒歩10~15分、またはJR奈良駅から徒歩15~20分。

バス

  1. 近鉄奈良駅または、JR奈良駅から、
    • 「天理駅」「下山」行きバスで「福智院町」下車、西へ徒歩約10分。
    • 市内循環バス「北京終町」下車、北へ徒歩約8分。
  2. ぐるっとバス(土曜日・日曜日・祝日を中心に運行)

駐車場はありません。ならまちセンター前駐車場、またはならまち大通り周辺のコインパーキングをご利用ください。

地図

地図情報

史料保存館