ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 介護保険 > 介護保険 > 平成30年8月介護保険制度改正のお知らせ

本文

平成30年8月介護保険制度改正のお知らせ

更新日:2018年9月7日更新 印刷ページ表示

平成30年8月より介護保険制度が変わります。

 平成30年8月に介護保険に関する制度が改正されます。主な内容は、以下のとおりです。

1.現役並みの所得がある方はサービス利用時の自己負担が3割になります。

 介護サービスを利用する場合には、費用の一定割合を利用者の方にご負担いただくことが必要です。
 この利用者負担割合について、これまでは1割又は一定以上の所得のある方は2割としていましたが、平成30年8月から65 歳以上の方(第1号被保険者)であって、現役並みの所得のある方には費用の3割をご負担いただくことになります。

※【詳細】1.利用者負担のリーフレット(268KB)(PDF文書)

2.高額医療・高額介護合算制度の負担限度額が変更となります。

 介護保険と医療保険の両方の利用者負担が高額になった場合は合算することができます(高額医療・高額介護合算制度)。介護保険と医療保険のそれぞれの限度額を適用後、年間(8月~翌年7月)の利用者負担額を合算して限度額を超えたときは、申請により超えた分が介護保険と医療保険から、それぞれ支給されます。

高額医療・高額介護合算制度の負担限度額が変更となります。の画像

※ 低所得者【1】区分の世帯で介護保険サービスの利用者が複数いる場合は、限度額の適用方法がことなります。

  • 毎年7月31日時点で加入している医療保険の所得区分が適用されます。医療保険が異なる場合は合算できません。
  • 支給対象となる人は医療保険の窓口へ申請が必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)