ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 高齢者の福祉 > 介護保険 > 介護保険 > 「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について

本文

「科学的介護情報システム(LIFE)」の活用等について

更新日:2021年5月7日更新 印刷ページ表示

 厚生労働省より、平成28年度より運用されている「通所・リハビリテーションデータ収集システム(VISIT)及び令和2年5月より運用されている「高齢者の状態やケアの内容等データ収集システム(CHASE)」について、一体的な運用を開始し、科学的介護の理解と浸透を図る観点から、名称を「科学的介護情報システム(LIFE)」とする予定である旨、連絡がありました。

 また、令和3年度介護報酬改定において、科学的に効果が裏付けられた自立支援・重度化防止に資する質の高いサービス提供の推進を目的とし、LIFE を用いた厚生労働省へのデータ提出とフィードバックの活用による、PDCA サイクル・ケアの質の向上を図る取組を推進することとなっております。

 上記に伴い、LIFEを用いた厚生労働省へのデータ提出等が要件となる加算及びLIFEの利用申請の方法等について、厚生労働省より事務連絡がありましたので、お知らせいたします。

 なお、通知本文にもある通り、令和3年4月前半にLIFEの利用を開始する場合は、令和3年3月25日までに利用申請を行って頂く必要がありますので、注意してください。

 その他LIFEの機能全般に関するご質問等については、通知本文に記載されている「CHASEヘルプデスク」に直接お問合せ頂きますようお願いいたします。

科学的介護情報システム(LIFE)の活用等について

科学的介護情報システム(LIFE)の活用等について(その2)

科学的介護情報システム(LIFE)と介護ソフト間におけるCSV連携の標準仕様について

 科学的介護情報システム(LIFE)に係る対応等について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナウィルス