ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

11月14日は世界糖尿病デー

更新日:2020年9月8日更新 印刷ページ表示

世界糖尿病デーのロゴ

糖尿病はいまや世界の4億6,300万人が抱える病気で、年間500万人が糖尿病に関連した病気で亡くなっています。
日本でも2000万人が糖尿病または糖尿病予備群です。
2006年に国連は11月14日を「世界糖尿病デー」と指定しました。
糖尿病の予防と治療に対する啓発のため、世界糖尿病デーである11月14日を中心に、
国内だけでなく世界各地でシンボルカラーである“ブルーのライトアップ”が実施されました。

糖尿病は他人事ではない!?奈良市民の現状

糖尿病の治療が必要な人(HbA1c値6.5%以上)のうち未治療の人が2人に1人います。

 
知る 糖尿用の治療が必要なのに未治療な人は2人に1人いる

(平成30年度奈良市国民健康保険特定健康診査結果より作成)

糖尿病の発症初期には、あまり自覚症状はありません。糖尿病の治療は早く始めるほど、合併症の予防につながります。
「血糖値が高い」状態を放置せず、まずは医療機関へ相談することをお勧めします。
詳しい糖尿病についての情報は「糖尿病情報~糖尿病を予防したい!進行させない!~」のページをご覧ください。

JR奈良駅旧駅舎ブルーライトアップ

 
見る 旧駅舎のブルーライトアップ

 

古都に輝くブルーの光

奈良市では、昨年に引き続き「JR奈良駅旧駅舎」がブルーにライトアップします。

  • 日時 令和2年11月11日(水曜日)~15日(日曜日)日没後~22時00分
  • 場所 JR奈良駅旧駅舎(奈良市総合観光案内所)

世界糖尿病デーパネル展示

糖尿病や食事・運動等、健康情報についてのパネル展示をします。

  • 日程 令和2年11月9日(月曜日)~13日(金曜日)
  • 場所 市役所本庁舎1階連絡通路

第4回世界糖尿病デーフォトコンテスト開催

 
撮る 第4回世界糖尿病デーフォトコンテスト

世界糖尿病デーのシンボルマークである、ブルーサークルの「青」にまつわる写真を募集しました!
(フォトコンテストの詳細については、「世界糖尿病デーフォトコンテスト」のページをご覧ください。)

あなたの投票で入賞作品が決まる!!

市民投票により入賞作品を決定します!ぜひご投票ください!
【投票期間】 令和2年10月5日(月曜日)~令和2年10月29日(木曜日)

投票展示

日程 場所
10月5日(月曜日)~10月29日(木曜日) はぐくみセンター1階
10月19日(月曜日)~10月23日(金曜日) 市役所本庁舎1階連絡通路

奈良市ポイント運営事務局ホームページ<外部リンク>からも投票ができます。
投票期間:10月5日(月曜日)~10月29日(木曜日)

表彰展示

日程 場所
11月9日(月曜日)~11月30日(月曜日) はぐくみセンター1階
11月9日(月曜日)~11月13日(金曜日) 市役所本庁舎1階連絡通路

11月10日(火曜日)~11月29日(日曜日)

入江泰吉記念奈良市写真美術館

奈良市ポイント運営事務局ホームページ<外部リンク>からご応募いただいたすべての作品をご覧いただけます。