ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 奈良市指定文化財の指定をしました

本文

奈良市指定文化財の指定をしました

更新日:2021年3月29日更新 印刷ページ表示

 市教育委員会は、令和3年3月26日、次の2件を新たに奈良市指定文化財に指定しました。

分類 件名 数量 所有者 備考
絵画 絹本著色行基菩薩像 1幅 唐招提寺 鎌倉時代
歴史資料 内侍原町諸事記録控書 1冊 内侍原町 江戸時代


けんぽんちゃくしょくぎょうきぼさつぞう
絹本著色行基菩薩像
 仏教を民衆に広めて社会事業を行い、菩薩と称えられた行基(668-749)の画像。行基信仰の高揚を背景に、文永8年(1271)に絵師の幸守によって描かれた。歴史的価値が高く、絵画史上重要な位置を占める作品である。

なしはらちょうしょじきろくひかえがき
内侍原町諸事記録控書
 内侍原町に伝わる町の記録。天明7年(1787)から慶応4年(1868)にかけて町民によって書かれた。奉行所からの通達や町内の出来事、風聞等を記す。近世後期から幕末維新期にかけての内侍原町の実態を知ることができ、近世の奈良町を知るための基本史料として、その価値は高い。

関連情報