ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 奈良市史料保存館 令和3年度特別陳列ならまち歳時記

本文

奈良市史料保存館 令和3年度特別陳列ならまち歳時記

更新日:2021年5月10日更新 印刷ページ表示

 季節にちなんだ伝統行事や風物詩に関する歴史資料を数点ずつ、約1ヶ月ごとにテーマを変えて紹介する「ならまち歳時記」を開催します。

※5/1(土曜日)~ 5/31(月曜日)まで臨時休館いたします。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展示の予定を変更することがあります。

  • 【期間】
    • 令和3年4月1日~令和4年3月31日
    • [休館]月曜日、祝日の翌日の平日、5月1日~5月31日、12月29日~1月3日※詳しい予定は下の表をご覧ください。
  • 【時間】
    午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 【入館料】 無料
  • 【後援】
    歴史街道歴史街道HP<外部リンク>はこちら〉
展示テーマ 展示期間と休館日 展示内容
奈良の桜 植桜楓之碑

令和3年4月1日~4月29日
〈休館日:4月5,12,19,26,30日〉

幕末の奈良奉行、川路聖謨が東大寺や興福寺に桜や楓を植えることを発案し、町の人々がそれに協力したことを記念して建てられた「植桜楓之碑」について展示
主な展示史料:「植桜楓之碑」写真・拓本
薪能(たきぎのう) 令和3年5月12日~5月30日
※開催中止になりました。
薪能の時期に合わせ、江戸時代の薪能について絵図などで紹介
主な展示史料:薪能舞台配置図
奈良の鹿 令和3年6月1日~6月27日
〈休館日:6月7,14,21日〉
かわいらしい子鹿を目にすることが増えるこの季節に合わせ、鹿を描いた江戸時代の地誌、昭和の風物画などを紹介
主な展示史料:奈良名所風物画・絵はがき

地蔵講

令和3年6月29日~7月25日
〈休館日:7月5,12,19日〉
地蔵盆の季節に合わせてかつて肘塚椚町で交代で祭っていた地蔵菩薩の絵画、地蔵講のときに用いていた祭具などを展示
主な展示史料:紙本著色地蔵菩薩像
奈良奉行と万燈籠 令和3年7月27日~8月22日
〈休館日:8月2,10,16日〉
春日大社の万燈籠の季節にちなみ、参道に残る燈籠の中から、奈良町の人々が奈良奉行本多淡路守繁親のために奉納した燈籠を中心に紹介
主な展示史料:井上町町中年代記
芭蕉の句と大和名所 令和3年8月24日~9月26日
〈休館日:8月30日、9月6,13,21,24日〉
芭蕉は、重陽の節句にちなむ「菊の香や奈良には古き仏達」の句の他にも、奈良で多くの名句を詠みました。それらの句に関連する奈良の名所を江戸時代の名所絵図などで紹介
主な展示史料:大和名所図会
鹿の角きり 令和3年9月28日~10月16日
〈休館日:10月4,11日〉
鹿の角きり行事の時期に合わせて、角きりの絵図や絵はがきなどを展示
主な展示史料:奈良勝地漫画
奈良の紅葉 令和3年10月19日~11月14日
〈休館日:10月25日、11月1,4,8日〉
奈良の紅葉も色づく季節に合わせ、奈良の紅葉などを描いた絵図、写真や絵はがきなどを展示
主な展示史料:奈良名勝写真帖
春日若宮おん祭 令和3年11月16日~12月19日
〈休館日:11月22,24,29日、12月6,13日〉
奈良の冬を代表する年中行事、春日若宮おん祭について江戸時代の祭礼図などで紹介
主な展示史料:春日大宮若宮祭礼図
奈良町の正月行事 春日講 令和3年12月21日~令和4年1月10日
〈休館日:12月27,29日~1月3日〉
奈良町や周辺の農村で行われてきた奈良を代表する信仰行事である春日講(しゅんにちこう)について、町の記録などで紹介
主な展示史料:諸祝儀控・春日鹿曼荼羅(写真)
節分真榊奉納

令和4年1月12日~2月20日
〈休館日:1月17,24,31日、2月7,14日〉

大正末~昭和初期まで、元林院の芸妓衆が官女などに扮して春日神社に大真榊を奉納する節分真榊奉納が行われていました。この行事について当時の絵はがきなどで紹介
主な展示史料:節分真榊奉納行事絵はがき

お水取り

令和4年2月22日~3月31日
〈休館日:2月24,28日、3月7,14,22,28日〉
東大寺二月堂で3月1日~14日まで行われる修二会は12日夜に若狭井から香水をくみとることからお水取りとも呼ばれます。その季節にちなみ、お水取りを描いた絵図などを紹介
主な展示史料:大和国奈良東大寺御法事略図

(注)展示内容の一部を変更することがあります。

史料保存館の展示のご案内はこちらもご覧下さい。

奈良市では、文化財に関する情報発信を目的としてTwitterを利用しています。
登録していただくと、イベントや催しに関する新鮮な情報が入手できます。
ぜひ、「nara_c_bunkazai」をフォローしてください。
ハッシュタグは「#nara_c_bunkazai」です