ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消防・救急 > 消防局 > 消防・救急 > ドクターカーの運用日を拡大しました

本文

ドクターカーの運用日を拡大しました

更新日:2014年5月23日更新 印刷ページ表示

奈良市では平成26年4月1日よりドクターカーの運用が週6日となりました

ドクターカー

運用の時間帯

  • 運用日 祝日、年末年始を除く月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日
  • 運用時間 午前9時00分~午後5時00分

ドクターカーの構成

  • 救急車 高規格救急車
  • 乗員 医師1名、救急救命士を含む救急隊員3名

ドクターカーの出場基準

医師の早期処置により傷病者の救命や予後改善が期待される疾病や病態

意識がない、呼吸がない、脈拍がないなど、生命に危機が迫っている場合や、言葉が出せない、胸痛と冷や汗が続くなど、脳や心臓などの重要な臓器に異常が発生したと判断された場合に出場します。

  1. 心肺蘇生を必要とする傷病者及びこれに準ずる重度傷病者の場合
    • 意識がない
    • 脈がない
    • 呼吸がない
    • 突然に意識がなくなった
  2. 傷病者救出に時間を要し、その間に救命上の治療を必要とする場合
  3. 多数の傷病者が同時に発生し、トリアージ(多数の傷病者を重症度と緊急度によって選別し、治療の優先度を決定すること。)が必要な場合
  4. 重症呼吸不全
    重症喘息患者 など
  5. 重症循環不全
    胸痛患者 など

出場する体制

市民のみなさまが119番通報で救急要請されますと、直ちに消防の救急車が出場します。
そして、出場基準に沿ってドクターカーが必要と判断された場合に同時に出場します。


関連リンク市立奈良病院<外部リンク>はここをクリック