ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

スプレー缶事故

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

パッカー車ごみ収集車の車両火災が多発!!

 最近、奈良市内でスプレー缶等が原因で発生した火災が増えています。これは、不燃ごみの中に混ざっていたスプレー缶やカセット式ガスボンベなどが、収集処理で圧縮された際に容器が破裂し噴出したガスに金属同士の間で発生した火花が着火し火災になったというものです。

スプレー缶の破裂・爆発

 どんな事故が起きている?!

殺虫剤使用中

 ガスコンロの下で殺虫剤を使用していたところ、引火・爆発して顔面にやけどを負った。

穴開け・ガス抜き中

 多少、液が残っていたヘアスプレー缶を廃棄するため、室内で缶に穴を開けたところ、ガス瞬間湯沸かし器の火種に引火し、顔などにやけどをした。

車内にて

 車のくもり止めスプレーを車中に置いておいたところ、破裂し後部のガラスが破損した。

カセットコンロ使用中

 カセットコンロを二つ並べその上に鉄板をのせてバーベキューをしていたためにカセットコンロボンベが加熱されて爆発した。

火災予防対策・事故防止対策

  1. カセットコンロカセットコンロにボンベを装着する際には確実にセットされていることを確認する。
  2. 火の気のある場所では使用しない。
  3. カセットコンロのボンベ収納部分を覆うようなサイズの大きな鉄板などを使用しない。
  4. 廃棄する際は、中身を使い切って風通しの良い所でガス抜きのための穴を開けること。
  5. 再生資源と燃やせないゴミに分別して出して下さい。

再生資源(空き缶)

  • 穴の開け方ヘアースプレー缶
  • 卓上コンロのカートリッジ式ガスボンベ

燃やせないごみ

  • ゴミ置き場殺虫剤
  • 塗料
  • 潤滑油のスプレー缶
  • 整髪ムース等