ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > > 奈良市子ども会議

本文

奈良市子ども会議

更新日:2021年6月21日更新 印刷ページ表示

  

子供会議

奈良市子ども会議とは

 奈良市子ども会議は、子どもにやさしいまちづくりについて子どもたちみんなで話し合う場です。ファシリテーター(進行役)の司会のもとに子どもにやさしいまちづくりに関することについて、様々な視点から話し合います。
 奈良市子ども会議の参加者は子どもだけなので、普段なかなか言えないことや思っていることを話し合ったり、他の人の意見を聴いたりできます。また、子どもたちが安心して楽しく話し合えるように、大学生のお兄さんやお姉さんがサポートします。
 みなさんの参加で、奈良市の子どもにやさしいまちづくりを進めましょう!

 奈良市子ども会議実施要綱[PDFファイル/79KB]

令和3年度奈良市子ども会議の開催について

奈良市子ども会議は、8月に5回程度の開催を予定しています。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年はオンラインで開催します。

令和3年度子ども会議のテーマ

テーマ:みんなどうしてる? withコロナの過ごし方
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、感染対策に気をつけたり、気軽におでかけすることが難しくなるなど、以前と比べて普段の生活スタイルがずいぶん変わりましたよね。
令和3年度子ども会議では、みなさんがコロナをきっかけに感じたことや、新しく始めたこと、最近はまっている遊びなどを共有して、withコロナの日常の過ごし方について、オンラインで一緒に話し合いましょう!

令和3年度子ども会議開催日程

開催日

時間

開催形式

第1回 令和3年8月3日(火曜日)

午前10時から正午まで

オンライン

(※Google Workspace for EducationのMeetを使用します)

第2回 令和3年8月5日(木曜日)
第3回 令和3年8月18日(水曜日)
第4回 令和3年8月20日(金曜日)

特別回
(青森市との交流)

令和3年8月21日(土曜日)
※Google Workspace for Education の Meet を使用する際は、アカウント(登録メールアドレスのドメインが@e-net.nara.jpのもの)が必要となります。アカウントをお持ちでない場合は、奈良市でアカウントを用意します。

参加対象者について

 奈良市子ども会議は、10歳から17歳までの人が30人程度参加できます。(年齢は、令和3年4月1日現在。)

 ※応募者多数の場合は抽選になります。
 ※自宅にパソコンやインターネットに接続できる環境がない場合は、事務局で参加できる環境を用意します。

応募方法について(※応募受付は終了しました。)

  1. 応募期間
    令和3年7月12日(月曜日)まで
  2. 応募方法
    参加申し込みフォームへアクセスし、必要事項を入力してお申込み下さい。
    上記の方法が難しい場合は、応募用紙に必要事項を記入のうえ、Eメール、Fax、郵送(いずれでも可)にてお申込み下さい。※Eメールで応募する場合は、本文に応募用紙裏面の必要事項を入力し送信してください。
  3. 応募用紙
    令和3年度奈良市子ども会議募集チラシ [PDFファイル/1.85MB]
    ※裏面が応募用紙になっています。
  4. 提出場所(※Eメール、Fax、郵送で申し込みされる場合)
    子ども未来部 子ども政策課(奈良市役所 中央棟3階)
    〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1番1号
    Fax番号:0742-34-4798
    Eメールアドレス:kodomoseisaku@city.nara.lg.jp

令和2年度の奈良市子ども会議

6回目の開催となった令和2年度奈良市子ども会議では、オンラインにより、30人の子どもたちが参加し、「コロナ禍での奈良市の『新しいおもてなし』とは?」をテーマに5つのグループにわかれて議論を進めました。

【挙げられた意見一覧】※一部抜粋

  • 日本文化体験(茶道など)に必要な道具を参加希望者に送って、オンラインで体験イベントを実施する!
  • 街頭インタビューでは、どこから来たのかシールを貼ってもらう!
  • 「#奈良ってみた」のタグをつけて、TwitterやYoutubeに「〇〇やってみた」動画(「鹿と戯れてみた」「奈良に関する質問に答えてみた」など)を投稿して、世界中の人に奈良をアピールしたい!
  • 奈良に来たことがある、もしくは奈良に来たいと思っている外国人を募集して、オンラインでインタビューをする!
  • 奈良の有名な場所や行っているコロナ対策などを動画にまとめて、SNS(You Tubeなど)を通じて発信する!

 

 この会議で子どもたちから出された意見は、意見書にまとめて市長に提出されました。

   市長 意見書 受け取り

(市長よりコメント)

この度は、令和2年度奈良市子ども会議に参加いただきありがとうございました。
昨年の春ごろから学校も臨時休校となったり、みなさんが今まで当たり前のように生活してたことができなくなる、とても大きな変化があったと思います。お友だちと遊べなくなったり、学校の勉強もリモートになったり、いろんな変化の中、みなさんがたくましく前向きに乗り越えてきていただいたことを誇りに思っています。
令和2年度子ども会議の意見書をしっかりと受け取りました。
今回の提案のひとつである、オンラインを使って、外の方に奈良の魅力を伝えるということであれば、実際に私たちが奈良の魅力をどれだけ知っているのかということが逆に問われます。これは、自分たち自身が足元をしっかり見つめ直すことにつながると思います。コロナの問題が完全になくなるのはまだ少し先になるかと思いますが、みなさんの創意工夫と自分たちでよくしていこうという前向きな思いを受け止めて、市としてもできることに取り組んでいきたいと考えています。
今回はオンラインでアイデアを出すというところまででしたけれども、現場で実際に取り組んでいただきたいと思っておりますので、ぜひ来年度の奈良市子ども会議にもご参加ください。
今回は貴重な提案をいただき、本当にありがとうございました。

 このような取組を続けていくことで、大人とともに子どもにやさしいまちづくりを進めていきます。

令和2年度奈良市子ども会議集合写真

 令和2年度奈良市子ども会議集合写真

奈良市子ども会議報告書

令和2年度

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

子供会議2

関連情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)