ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 事業、市政運営 > 報道・プレスリリース > 反田恭平氏からピアノを寄贈いただきました

本文

反田恭平氏からピアノを寄贈いただきました

更新日:2022年6月6日更新 印刷ページ表示

~子どもからプロまで、皆さんが利用できるピアノへ~

令和4年5月31日、反田恭平氏よりアップライトピアノをなら100年会館中ホールの楽屋に寄贈いただきました。このピアノは、寄贈された反田様のご意思により、中ホールの「楽屋1」利用者には自由に弾いていただくことができます。

なお、市民の方々には、今後見学いただいたり少し触れていただいたりできる試弾会の機会を設けてまいりたいと考えております。

反田恭平氏と奈良市長

1 寄贈日

令和4年5月31日

2 寄贈者

反田 恭平 氏

3 寄贈品

アップライトピアノ(K-400)

4 寄贈場所

なら100年会館中ホール楽屋1
(奈良市三条宮前町7番1号)

寄贈いただいたピアノ

反田氏からのコメント

なら100年会館へピアノを寄贈された理由について

楽屋にピアノがなかったので、アーティストがコンサート開演間近までウォーミングアップができればよいなと思い、寄贈させていただきました。

このピアノを選んだ理由

アップライトピアノの中でも、より良いグレードのものを選びました。

本番直前に使用することが多い楽屋でのピアノになりますので、ストレスフリーで練習ができるということが一番です。

このピアノはとても温かい音がしますし、何よりグランドピアノにより近いタッチということもあります。

このピアノの利用について

なら100年会館の中ホールは素晴らしいホールです。

本番を迎える前のパートナーとしてこの楽屋のピアノを利用いただければ幸いです。

そして、このホールを利用される子どもからプロの大人までのいろんな方がこのピアノを弾かれることで、このピアノの音も変わっていくと思いますので10年、20年と経ってどんなピアノになっていくのかもとても楽しみです。

ピアノ側面にいただいた反田さんのサイン

ピアノ側面にいただいた反田さんのサイン

サインと反田恭平氏

サインと反田恭平氏

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)