ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

引き続き農業経営を行っている旨の証明

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 引き続き農業経営を行っている旨の証明書は、納税猶予の特例の適用を受けている農業相続人(受贈者)が特例適用農地等に係る農業経営を引き続き行っていることの証明です。
 納税猶予の特例の適用を受けている農業相続人(受贈者)は、3年毎にこの証明書を税務署に提出しなければなりません。

必要書類 部数 発行場所

引き続き農業経営を行っている旨の証明願(2枚)[PDFファイル/54KB]
※1通は農業委員会委員の確認印が必要です。
(農業委員会委員に確認印を求める場合は次の書類を持参して説明してください。→特例農地の全景写真、位置図及び所在地番・地目・面積のわかるもの)

1組
(2枚1組)

農業委員会
証明を受ける農地の全景写真(場所がわかるように朱書きで線引きして記入)

1部

 

注意事項

  • 受付窓口は、市役所北棟4階農業委員会事務局
  • 証明手数料は、1件につき300円です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)