ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 平城京左京三条二坊宮跡庭園

本文

平城京左京三条二坊宮跡庭園

更新日:2020年6月1日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染防止のため臨時休園していました平城京三条二坊宮跡庭園を令和2年6月1日(月曜日)から再開園させていただきます。

|令和2年4月1日から令和3年3月31日までは、下記の日に休園します。

  • 4月17日(金曜日)~5月31日(日曜日)、8月11日(火曜日)、11月24日(火曜日)、12月26日(土曜日)~令和3年1月5日(火曜日)、1月12日(火曜日)、2月12日(金曜日)
  • 毎週水曜日

北東から園池、復原建物を望む
復原建物と園池

園池立石写真
園池内の立石

  • [場所]奈良市三条大路一丁目5-37
  • [解説]
     昭和50年の発掘調査により発見された、園池を中心とする奈良時代の庭園遺跡であり、日本古代の庭園の姿を伝える貴重な文化財です。園池は比較的浅く大小の石を使って作られており、形はS字状に屈曲しています。平城宮の離宮または皇族等の邸宅(宮)であった可能性もあることから「宮跡庭園」(みやあとていえん)と名付けられ、他に類例のない高い歴史的価値から昭和53年に国の特別史跡に指定されました。平成4年には、古代庭園の意匠・作庭技法を知ることができるなど、学術的・文化的価値があらためて評価され、国の特別名勝に指定されました。特別史跡と特別名勝の両方に指定された古代の庭園は、当園の他は平城宮東院庭園(特別史跡「平城宮跡」に含まれる)と岩手県の毛越寺庭園(特別史跡「毛越寺境内附鎮守社跡」に含まれる)の2ヶ所しかなく、我が国屈指の貴重な庭園です。公開にあたっては発掘遺構である園池を露出展示するとともに奈良時代の建物を復原しています。
  • [入園]無料。午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)。
     受付で解説パンフレット[PDFファイル/4.7MB]をお受け取りください。
  • [休園日]
    |令和2年4月1日から令和3年3月31日までは、下記の日に休園します。
    • 4月17日(金曜日)~5月31日(日曜日)、8月11日(火曜日)、11月24日(火曜日)、12月26日(土曜日)~令和3年1月5日(火曜日)、1月12日(火曜日)、2月12日(金曜日)
    • 毎週水曜日
  • [交通]
    • 近鉄新大宮駅から西へ約1km。
    • 近鉄奈良駅または新大宮駅からバスで「宮跡庭園」下車すぐ。
    • 駐車場はありません。

宮跡庭園写真ギャラリー

庭園秋の景色の画像
秋の園池の風景

庭園雪の景色
冬の園池の風景

平城京左京三条二坊宮跡庭園の所在地
庭園の所在地

地図情報

平城京左京三条二坊宮跡庭園

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)