ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 奈良町歴史ミニ講座 古文書・古絵図に親しもう

本文

奈良町歴史ミニ講座 古文書・古絵図に親しもう

更新日:2019年5月13日更新 印刷ページ表示

 史料保存館が所蔵する町絵図・名所案内記・版本などの史料を見ながら、奈良町の特色、歴史などをわかりやすく紹介するミニ講座を、5月~3月の第4土曜日(12月は第3土曜日、7・8月はお休み)に行います。申し込みは不要です。お気軽に史料保存館までお越しください。※新型コロナウイルス感染拡大予防のため、2月、3月の講座は中止になりました。

※今年度も「特別陳列 ならまち歳時記」と、「企画展示」を開催します。展示については、「奈良市史料保存館へようこそ!」でお知らせしています。

  • 【日時】
    • 令和元年5月~令和2年3月の第4土曜日、12月は第3土曜日(7月と8月はお休み)
    • 午後1時30分から 約30分 詳しい予定は下の表をご覧ください。
  • 【入館料】 無料
開催日 講座のテーマ 内容
令和元年5月25日(土曜日)

「奈良の人々と能-近代の薪能再興を巡って-」

現在、5月の第3金・土曜日に行われている薪能にちなみ、奈良の能を愛好する人たちが、明治の神仏分離などの混乱期に、薪能を支えようとしたことを紹介します。
令和元年6月22日(土曜日)

「絵馬-三条村野神絵馬-」

毎年6月に旧三条村で行われる野神祭りの際に配られる絵馬を紹介します。
令和元年9月28日(土曜日) 「江戸時代の奈良町の人が見たオーロラ」 江戸時代に奈良町の人が見たオーロラについて記されている内容などを紹介します。
令和元年10月26日(土曜日) 「橋本町の高札-キリシタン札-」 江戸時代に奈良奉行所を通じて掲げられていた橋本町の高札の中で、キリシタン札について紹介します。
令和元年11月23日(土曜日)

「大塩平八郎の乱-人相書きのお触れ-」

幕末におきた大塩平八郎の乱で奈良にまわってきた人相書きを町記録から紹介します。
令和元年12月21日(土曜日) 「初春に迎えるもの-歳神・万歳・牛玉札-」 初春を寿ぐうえで、人々が迎え、祭ったものを紹介します。
令和2年1月25日(土曜日) 「新聞史料をひもとく-近代奈良の女性医師-」 新聞史料の中から、奈良で働く女性を取り上げた記事について紹介します。

令和2年2月22日(土曜日)

中止になりました。

「元興寺五重塔焼失」 幕末の安政6年(1859)2月28日に元興寺五重塔が焼失したそのときの様子を紹介します。

令和2年3月28日(土曜日)

中止になりました。

「富岡鉄斎と月ヶ瀬梅渓」 月ヶ瀬梅まつりの季節にあわせて、富岡鉄斎が月ヶ瀬梅渓を描いた作品について紹介します。

(注)講座内容の一部を変更することがあります。

講座風景

奈良市では、文化財に関する情報発信を目的としてTwitterを利用しています。
登録していただくと、イベントや催しに関する新鮮な情報が入手できます。
ぜひ、「nara_c_bunkazai」をフォローしてください。
ハッシュタグは「#nara_c_bunkazai」です。

イベント情報

  • 開催日:
    2019年5月25日
    2019年6月22日
    2019年9月28日
    2019年10月26日
    2019年11月23日
    2019年12月21日
    2020年1月25日
    2020年2月22日
    2020年3月28日
  • 場所・時間等:
    奈良市脇戸町1-1
    史料保存館

関連情報

奈良市史料保存館へようこそ!