ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 春日若宮御祭礼松下図板木

本文

春日若宮御祭礼松下図板木

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 若宮祭の「松下式」(まつのしたしき)を描いた板木です。板木の片面に、若宮祭の渡御行列(とぎょぎょうれつ)のうちの日使い(ひのつかい)の一行が、「影向の松」(ようごうのまつ)にさしかかろうとする場面を彫刻しています。
 図の作者は『春日大宮若宮御祭礼図』(かすがおおみやわかみやごさいれいず)と同じ藤村惇叙(じゅんじょ)で、享保19年(1739)の年記があります。
 「松下式」は若宮祭の諸行事のなかで御旅所祭(おたびしょさい)とともに重要な行事で、板木には渡御(とぎょ)の一団や周囲の様子が詳細に描かれていて、近世の「松下式」の様子がよくわかります。
 『春日若宮御祭礼松下図』は、『春日大宮若宮御祭礼図』とともに若宮祭の祭礼資料として重要なものであり、その板木は貴重な遺品です。

春日若宮御祭礼松下図板木1春日若宮御祭礼松下図板木2

  • 件名 春日若宮御祭礼松下図板木
  • かな かすがわかみやごさいれいまつのしたずはんぎ
  • 数量 1枚
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(有形民俗文化財)
  • 指定日 平成16年3月3日
  • 所在(有) 奈良市春日野町160 春日大社
  • 小学校区 鼓阪
  • 形状等 板木は桜材を使用、片面に彫刻。
  • 備考 江戸時代

関連情報

春日大宮若宮御祭礼図板木