ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 史料保存館企画展示 尾花座‐芝居小屋から映画館へ‐

本文

史料保存館企画展示 尾花座‐芝居小屋から映画館へ‐

更新日:2018年7月17日更新 印刷ページ表示

 尾花座は、明治30年代には開業していた奈良でも老舗の劇場です。明治42年(1909)の建物の大改修後は、当時人気の歌舞伎や演劇などを上演しました。大正9年(1920)からは、映画館「尾花劇場」として、昭和54年(1979)の閉館まで、多くの話題作、名画を上映して人々を楽しませました。

 その後、映画はテレビの普及などで衰退を余儀なくされますが、近年は各地で映画祭が行われるなど、文化としての映画の価値を再評価する動きが広がっています。奈良でも今年9月20日から5日間「奈良国際映画祭2018」が開催されます。

 今回の展示では、芝居小屋から映画館へと奈良町の娯楽の中心地のひとつとして、多くの人に愛された尾花座に残る芝居と映画関係の史料約30点を展示して、奈良の大衆文化史の一端を紹介します。

期間 平成30年7月24日(火曜日)~10月8日(月・祝)
[休館]月曜日、9月18日(火曜日)・25日(火曜日)(祝日は開館)
時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※開館時間の延長期間があります。詳しくは【展示関連イベント】をご覧ください。
入館料 無料
主な展示品
  • 無声映画「実録忠臣蔵」尾花劇場上映奉献額 大正10年(1921)
     個人蔵(7/24~9/2まで展示)
  • 文士劇尾花座公演奉献額 明治45年(1912) 個人蔵(9/4~10/8まで展示)
  • 「女性の勝利」(田中絹代出演)ロケ風景写真 昭和21年(1946) 個人蔵
  • 「君の名は」ポスター 昭和28~29年(1953~1954) 個人蔵
  • 「燃えよドラゴン」ポスター・スチール写真 昭和48年(1973) 個人蔵
展示解説 館員の展示解説を、史料保存館で期間中2回行います。申込は不要です。
8月11日(土曜日)午後1時半~
9月11日(火曜日)午後1時半~
約30分の予定です。
展示関連イベント 奈良町にぎわいの家出張展示
「タイムトラベル奈良町~尾花座~」
(申込不要)

 企画展示「尾花座-芝居小屋から映画館へ-」展にあわせて、奈良町にぎわいの家で、展示に関連した史料の一部を出張展示し、史料保存館の館員が史料の解説を行います。

日時:9月15日(土曜日)午後2時~4時

解説:午後2時から約30分

会場:奈良町にぎわいの家(奈良市中新屋町5)

費用:無料

夜間開館時間延長のお知らせ

下記の日時に開館時間を延長します。どうぞゆっくりご覧下さい。

  1. 8月10日(金曜日)~12日(日曜日)午後5時~9時まで
    なら燈花会にちなみ、正面入口でろうそく点灯し、開館時間を延長します。
  2. 8月18日(土曜日)・19日(日曜日)午後5時~8時まで
    ぐれーとさまーふぇすた☆ならまち遊歩の期間中の2日間、開館時間を延長します。イベント期間中正面入口で提灯点灯します。

「実録忠臣蔵」奉献額
無声映画「実録忠臣蔵」尾花劇場上映奉献額
大正10年(1921)
個人蔵
(7/24~9/2まで展示)

 大正10年4月20日から29日までの10日間、牧野省三監督の日活映画「実録忠臣蔵」が上映されました。これはその大入満員成功記念に奉納された、尾花座に残る最後の奉献額です。主演の尾上松之助などの出演者、弁士などの劇場関係者や裏方の名前が書かれています。

尾花劇場チラシ
尾花劇場映画プログラム「マダムと女房」ほか
昭和7年(1932)

個人蔵昭和初期の尾花劇場で上映された映画を解説したプログラムです。「マダムと女房」は昭和6年(1931)松竹制作で、日本最初のトーキーとされる作品です。

「女性の勝利」ロケ風景
「女性の勝利」ロケ風景写真
昭和21年(1946)

個人蔵溝口健二監督「女性の勝利」が、奈良少年刑務所(現在の重要文化財旧奈良監獄)で撮影された時の写真です。

※写真の無断転載禁止

イベント情報

  • 開催日:2018年7月24日から10月8日
  • 場所・時間等:
    奈良市脇戸町1-1
    史料保存館
  • 開催しない日:
    2018年7月30日
    2018年8月6日
    2018年8月13日
    2018年8月20日
    2018年8月27日
    2018年9月3日
    2018年9月10日
    2018年9月18日
    2018年9月25日
    2018年10月1日

関連情報

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課 史料保存館 (展示期間、内容は変更することがあります)
電話番号:0742-27-0169

皆さまのご意見をお聞かせください。

情報量は充分でしたか?
内容は分りやすかったですか?
情報をすぐに見つけられましたか?