ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > ならまち歳時記~12月~春日若宮おん祭と奈良町

本文

ならまち歳時記~12月~春日若宮おん祭と奈良町

更新日:2018年4月1日更新 印刷ページ表示

春日若宮おん祭は、保延2年(1136)に天下泰平(てんかたいへい)、五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを願い、関白藤原忠通(ふじわらのただみち)が始めたと伝えられる春日大社の摂社、若宮社の祭礼です。江戸時代のおん祭りは、幕府から支給される祭礼の費用のほか、奈良町の人々にも祭礼に必要な材料や費用が割り当てられ、おん祭を支えていました。

史料保存館12月のならまち歳時記は、奈良の一年の最後を締めくくる春日若宮おん祭にちなみ、町の記録や、奈良町の町代が残した大宿所の仕事の運営マニュアルなどをとおして、江戸時代の奈良町とおん祭のかかわりについて紹介します。

  • 【期間】 平成27年12月1日(火曜日)~平成28年1月11日(月・祝)
    [休館] 月曜日、12月24日(木曜日)、12月28日(月曜日)~1月4日(月曜日)〈12月23日(水・祝)は開館〉
  • 【時間】 9時30分~17時 (入館は16時30分まで)
  • 【入館料】 無料
  • 【主な展示品】 『萬大帳(よろずおおちょう)』一番(奈良市指定文化財・東向北町自治会)、宝暦十一年『大宿所日記(おおしゅくしょにっき)』、慶安四年『大宿所献立之覚(おおしゅくしょこんだてのおぼえ)』、『春日社若宮祭図解(かすがしゃわかみやさいずかい)』下巻(以上個人蔵)『春日大宮若宮御祭礼図 全』 ほか

春日大宮若宮御祭礼図
春日大宮若宮御祭礼図 全
江戸時代後半(展示は大正13年(1924)版)

おん祭りの行事や祭礼の様子を詳しく絵入りで解説した本です。写真は、御旅所祭の様子を描いた部分です。

春日社若宮祭図解 下
春日社若宮祭図解 下巻 (個人蔵)
明治3年(1870)

おん祭の祭式次第や使われる装束、道具類を図入りで詳しく解説した冊子です。明治になり、春日社がおん祭の継続を明治政府に嘆願するために作成した報告書で、おん祭の起源、祭具の現状などをまとめています。
 下巻は大宿所の調度、飾りなどについて詳しい絵図を掲載しています。

※写真の無断転載禁止

イベント情報

  • 開催日:2015年12月1日から2016年1月11日
  • 場所・時間等:
    奈良市脇戸町1-1
    史料保存館
  • 開催しない日:
    2015年12月7日
    2015年12月14日
    2015年12月21日
    2015年12月24日
    2015年12月28日から2016年1月4日

関連情報

奈良市史料保存館へようこそ!

このページのお問い合わせ先

教育総務部 文化財課 史料保存館 (展示期間、内容は変更することがあります)
電話番号:0742-27-0169