ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

薬師寺

更新日:2020年9月25日更新 印刷ページ表示

薬師寺

680年に天武天皇が藤原京で創建し、平城京遷都にともなって現在地に造営されました。
東塔は730年に建立されたものですが、7世紀末に藤原京で創建された時の建築様式を踏襲して建てられたと考えられています。各重に裳階(もこし)というひさしがつく独特の形式の三重塔で、日本でもっとも美しい塔として知られています。
また、寺の西方にある大池から望む、若草山や春日山を背景にした伽藍のながめは、奈良を代表する風景のひとつです。
東塔(奈良時代)・東院堂(鎌倉時代)の2棟が国宝建造物に指定されています。

薬師寺の観光情報<外部リンク><外部リンク>(公社)奈良市観光協会ホームページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)