ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 第21回新型コロナウイルス対策本部会議での協議(令和2年7月23日発表)

本文

第21回新型コロナウイルス対策本部会議での協議(令和2年7月23日発表)

更新日:2020年7月23日更新 印刷ページ表示

本日7月23日(木曜日)午前10時から、第21回新型コロナウイルス対策本部会議を開催し下記のとおり協議しました。

1 報告事項

奈良県内及び市内における感染状況について報告・情報共有

奈良市における感染の状況等

奈良県及び本市における感染者・患者の入院状況

奈良県及び本市における新規感染者数等の推移

奈良県及び本市における感染者・患者の入院状況

奈良県及び本市における感染者・患者の入院状況

奈良市におけるPCR検査の実施状況

奈良市におけるPCR検査の実施状況

2 協議事項

7月4日から県内の他市町で感染者が連続発生し、奈良市においても7月10日以降感染者が増加している。昨日(7月22日)には、新規感染経路不明者数が、奈良市3人、奈良県7人となり、「フェーズ2」の基準値となった。本来なら3日連続で基準値を超えた場合に総合的に判断し引き上げとなるが、4連休ということも踏まえて前倒しで、本日から「フェーズ2」へ引き上げた。

「フェーズ2」への告知については、行政防災無線(7/23 12時00分放送)、ホームページ、SNS等で市民への広報を行う。

コロナ対策の現状

奈良市におけるモニタリング結果

奈良市におけるモニタリング結果

モニタリング指標(7月8日(水曜日)以降)

モニタリング指標(7月8日(水)~)

新型コロナウイルス対策のガイドライン(7月8日(水曜日)以降)

新型コロナウイルス対策のガイドライン(7月8日(水)~)

3 本部長指示

今後、「フェーズ3」となることも十分想定されるが、各業務について一斉に制限をかけることは現実的ではない。今の感染状況や感染流行地での対応等を研究するとともに、制限による市民生活への影響を具体的に洗い出し、各業務の制限のあり方を検討すること。

報道資料

奈良市における新型コロナウイルス感染症への対応 [PDFファイル/709KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)