ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > 報道発表(プレスリリース) > 報道・プレスリリース > 平成30年度冬季の節電の取組について(平成30年11月30日発表)

本文

平成30年度冬季の節電の取組について(平成30年11月30日発表)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

経済産業省は、2018年度冬季の電力需給の見通しから節電要請は行わないものの、引き続き省エネルギーの取組を進めていくことを示しています。

奈良市におきましても東日本大震災以降の平成23年度から節電の取組を継続しており、地球温暖化対策の観点からも、これまでと同様に節電に取り組みます。

期間

平成30年12月1日(土曜日)~平成31年3月31日(日曜日)の開庁日

市施設における節電項目

共通項目

  1. 市施設の照明を極力影響の少ない範囲で消灯や間引き
  2. 昼の休憩時間における事務室内全部消灯
  3. 時間外勤務時の不要な照明の消灯
  4. ウォームビズの活用、暖房温度の19度設定
  5. 給湯器の運転時間短縮
  6. エレベータ(エスカレータ)の間引き運転、運転時間の短縮
  7. コピー機、プリンター、Fax、パソコン等の省エネモード設定。業務終了後の停止
  8. 待機電力削減(使用していない電気機器の電源ケーブルを抜く)
  9. 節電チェック表の運用・記録(節電意識を高める)
  10. ノー残業デーの徹底
  11. 階段利用の推奨

本庁舎

  1. 空調の運転時間短縮
  2. 北棟の貯湯式電気湯沸器の運転時間短縮

ダウンロード

【リリース資料】平成30年度冬季の節電の取組について[PDFファイル/127KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)