ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 【市長会見】 奈良市版エンディングノートを作成しました(令和3年5月27日発表)

本文

【市長会見】 奈良市版エンディングノートを作成しました(令和3年5月27日発表)

更新日:2021年5月27日更新 印刷ページ表示

『わたしの未来ノート ~おもいをあなたに伝えたい~』
奈良市版エンディングノートを作成しました

エンディングノート画像

奈良市は、奈良市版エンディングノート「わたしの未来ノート~おもいをあなたに伝えたい~」を作成し、無料で配布します。

近年は、2世代・3世代で同居している家庭が減少する核家族化により、本市では、特に高齢者夫婦のみの世帯割合が全世帯の33.5%で、県平均32.2%や全国平均28.0%(奈良市第8期介護保険事業計画)より高い状況です。

そのため、子や身近な人と将来について話し合う時間が持てず、自らの意思を伝えられないというケースも増えています。また、今般のコロナ禍により、今まで以上に「死」が身近なこととなり、いやがおうでも、必ず訪れる「死」に向き合う機会が増えたのではないかと感じます。

こうした背景から、自治体がエンディングノートを作成し、より多くの方に手に取っていただくことで、将来、医療や介護サービスを利用するとき、人生の最期を迎えるときなど、これからのことを考える『きっかけ』につながり、“家族がいても、いなくても”、安心して「その時」を迎えられる助けとなるよう推進します。

「わたしの未来ノート ~おもいをあなたに伝えたい~」の特徴

  • コロナ禍にある今、“命の大切さを見直す” “残された人生でどのようなことをすべきか”を考える『きっかけ』になるよう、基幹型地域包括支援センター等の専門職と協力して作成しました。
  • 市販されているものとの差別化やオリジナル項目を盛り込むため、作成メンバーによる各関係団体へのヒアリングを行いました。
    • わたしの大切な人(P6)
      ​本人のことをよく知る人は、家族とは限りません。地域や職場など、本人との関わりが深い人や場所を記入するための「つながりマップ」を設けました。
    • 病気になったら(P11)
      「もしも」の場合に備えた話し合いの必要性を意識していただくため、「人生会議(※1)」の内容を設けました。(その他、行政等の相談場所の連絡先等、奈良市版の内容を掲載)

(※1)人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング):『もしも…』のときのために、自身が望む医療や介護、看護について、前もって考え、繰り返し話し合い、共有すること。

1 概要

自らの意思表示がむずかしくなったときに備えて、これまでの人生を振り返りながら、伝えたいことや託したいことを綴り、最期まで自分らしく過ごしていただくためのノートです。医療や介護、行政の相談窓口等の情報を掲載し、自分自身の情報や希望、大切な人へのメッセージを記すことができます。法的拘束力はなく、何度でも書き直しが可能です。

2 作成方法

令和2年8月 人生会議(ACP)の啓発方法について課内協議

令和2年10月 エンディングノート作成グループを立ち上げ、関係団体へヒアリングを行いながら随時協議を重ねました。

令和3年4月 奈良市版エンディングノート発行

作成メンバー

  • 基幹型包括支援センター
  • 権利擁護センター
  • 在宅医療・介護連携支援センター
  • 認知症地域支援推進員
  • 生活支援コーディネーター
  • 福祉政策課

3 配布場所

  • 庁内関係各課
  • 出張所
  • 行政センター
  • 奈良市内の地域包括支援センター(13か所)

4 発行部数

1,000部(白色700部、ピンク色300部) 適宜増刷

奈良市ホームページからもダウンロードできます。

「わたしの未来ノート~おもいをあなたに伝えたい~」を作成しました

5 今後の予定

  • 民生児童委員や地区社会福祉協議会等に周知チラシを配布し、市民の皆さまへの周知に努め、必要な方へ行き渡るようにします。
  • 地域包括支援センターなどの多職種が連携し、専門職向けの会議や研修を実施しながら「人生会議(ACP)」の理解や意識の向上を目指します。
  • 多くの市民の皆さまに、このエンディングノートに関心をもっていただき、活用していただくことで、厚生労働省が推進する「人生会議(ACP)」の啓発にも取り組み、地域包括ケアシステムの推進に努めます。

6 県内の状況

橿原市(平成30年度)、宇陀市(令和2年度)がエンディングノートを発行

報道資料​

『わたしの未来ノート ~おもいをあなたに伝えたい~』奈良市版エンディングノートを作成しました [PDFファイル/1.05MB]

担当課ページ

「わたしの未来ノート~おもいをあなたに伝えたい~」を作成しました

本件に関するお問い合わせ先

福祉部 福祉政策課
TEL:0742-34-5196

【動画】5月27日 奈良市長定例記者会見(手話付き)

奈良市動画チャンネルのページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)