ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

学校規模適正化について

更新日:2019年1月30日更新 印刷ページ表示

学校規模適正化は、学校の適正配置と適正規模を維持することにより、教育環境を整える事業です。

背景

 全国的に少子化が進んでいる中で奈良市の児童生徒数は1980年代のピーク時から現在は半数以下に減少しています。そして今後も減少傾向が続くと想定されます。一方で、学校数はあまり変化がないため、集団を通した教育が困難になる等、教育的効果を十分にあげられない状況が生じています。
 児童生徒が集団の中で、多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて一人一人の資質や能力を伸ばしていくという学校の特質を踏まえ、小・中学校では一定の集団規模が確保されていることが望ましいものと考えられます。子どもたちがより良い教育環境の中で効果的な教育が受けられるように、学校規模の適正化を図ることが必要です。児童生徒数の推移

適正化の取組

 平成18年6月に、学識経験者並びに学校、PTA、地域住民及び、行政の代表者で組織する「奈良市学校規模適正化検討委員会」を設置し、「小・中学校及び幼稚園について、子どもたちがより良い教育環境の中で効果的な教育が受けられるような適正規模、適正配置の基本的な考え方及び本市や地域の特性を踏まえた適正化を図るための方策」について検討していただき、平成19年4月に「奈良市学校規模適正化基本方針(提言)」を受けました。この提言を踏まえて、本市における学校規模適正化の方針である「奈良市学校規模適正化実施方針」を定め、この方針に基づいた学校区別実施計画(案)の「前期計画」(平成19~22 年度)、「中期計画」(平成23~27 年度)を策定しました。
 また、文部科学省は平成27 年1 月に「公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引」を策定し、公立小中学校を統合再編する際の基準等が示されました。こうした手引も踏まえ、本市では平成28年度に「後期計画」(平成28~32年度)を策定し、学校規模の適正化に取り組んでいます。

これまでの統合再編校

開校年月 統合再編校 統合再編前の学校
平成23年4月 興東小学校 大柳生小学校
相和小学校
平成27年4月 帯解小学校 帯解小学校
精華小学校
平成27年4月 興東館柳生中学校 興東中学校
柳生中学校
平成29年4月

都祁小学校

並松小学校
都祁小学校
吐山小学校
六郷小学校

※都祁小学校の「祁」は正しくは「示」を「ネ」と表記します。

※これまで統合再編した学校では、地域ごとに「学校規模適正化検討協議会」を設置していただき、保護者や地域住民、学校関係者と協議を重ねました。各地域の統合再編までの詳細については 「各地域における学校規模適正化の状況」をご覧ください。

各ページの紹介

  • 方針・計画
    学校規模適正化中学校区別実施計画(案)など、方針・計画の全文を掲載しています。
  • 各地域の状況
    学校規模適正化について現在の状況や過去の取組を地域別に掲載しています。
  • 学校規模適正化懇談会
    奈良市学校規模適正化懇談会の役割や、会議概要などを掲載しています。

ダウンロード

未来に輝く学校にするために―奈良市立小・中学校の統合再編―(平成24年発行)[PDFファイル/1.1MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


放課後児童クラブ(バンビーホーム)
教育センター