ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > 現行の保険証が廃止され、マイナ保険証に一本化されます

本文

現行の保険証が廃止され、マイナ保険証に一本化されます

更新日:2024年5月15日更新 印刷ページ表示

現行の保険証は令和6年12月2日に廃止されます

国から示されたマイナンバーカードと健康保険証の原則一体化の方針に基づき、現行の保険証は令和6年12月2日に廃止され、新規発行が終了します。
ただし経過措置により、廃止の時点で発行済の保険証は、12月2日以降も保険証に記載の有効期限まで使用することができます。

現在交付している保険証は有効期限が切れるまで廃棄しないでください

現在、奈良市の国民健康保険の保険証をお持ちの方は、本年8月に実施予定の一斉更新時に交付される保険証(最長有効期限:令和7年7月31日)を、保険証が廃止となる12月2日以降も引き続き使用することが可能ですので、有効期限が切れるまでは廃棄せずにお持ちください。

保険証廃止後の対応について

12月2日の保険証廃止以降は、マイナ保険証(マイナンバーカードと保険証の一体化)の提示が原則となります。マイナポータルによりマイナ保険証のご登録をしていただき、ぜひマイナ保険証をご利用ください。

※マイナ保険証については、「マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになりました」をご覧ください。
【厚生労働省・デジタル庁のホームページ】
 ・マイナンバーカードの健康保険証利用について(厚生労働省)<外部リンク>
 ・マイナンバーカードの健康保険証利用についての質問について(デジタル庁)<外部リンク>
 ・リーフレット(マイナンバーカードが健康保険証として利用できます!) [PDFファイル/1.25MB]

マイナ保険証をお持ちでない方について

12月1日時点でお手元にある有効な保険証は、保険証に記載の有効期限まで使用することができます。12月2日以降、新たに奈良市の国民健康保険に加入される方には加入時に、またお手元の保険証の有効期限を迎える前に、これまでの保険証に代わる「資格確認書」を交付します。
現行の保険証と同様に、医療機関等を受診する際は「資格確認書」を提示することで、一定の窓口負担で医療を受けることができます。

マイナ保険証をお持ちの方について

マイナ保険証をご利用下さい。
12月2日以降、新たに奈良市の国民健康保険に加入される方には加入時に、​またお手元の保険証の有効期限を迎える前に、ご自身の被保険者資格等を簡易に把握できるよう「資格情報のお知らせ」を交付します。
なお、「資格情報のお知らせ」のみでは医療機関の受診はできません。受診の際はマイナ保険証が併せて必要です。​今後の流れ

 

健康保険に異動があった場合

就職や扶養認定等により、国民健康保険から他の健康保険に加入する場合や、退職等により他の健康保険から国民健康保険に加入する場合、これまでどおり加入や脱退の手続きは必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)