ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

奈良市の適応指導教室へようこそ

更新日:2022年9月1日更新 印刷ページ表示

奈良市の不登校支援事業

奈良市では、学校へ行きにくい子の居場所、適応指導教室や公設フリースクール等を運営しております。
多様な学びの選択肢を提供し、子ども一人一人の状態や課題に応じた適切なサポートを行うことを目的としています。

 

適応指導教室「HOP(ホップ)」

学校へ行きにくい子どもたちに対して、学習やグループ活動を通してサポートを行う教室です。

教室の看板、卒業生作成

 

公設フリースクール「HOP(ホップ)青山」

学校へ行きにくい子どもたちに対して、一人一人の課題や状態に合わせたサポートを行う教室です。

ホップ青山の看板

 

訪問学習支援

家から出ることが難しい子どもたちに対して、カウンセラー等が自宅へ訪問し、心理支援等のサポートを行います。
 
 

Web HOP(ウェブホップ)

Web(ウェブ)教材を活用し、学習を行います。加えてオンライン上で支援員とつながりながら、サポートを行います。また、対話する時間も設けています。

 

「はぐくみのつどい」~不登校を聴く・語る・分かち合う 保護者の会~

「子どもが学校に行けない、行かない日が続く…」、「教室に入れなくて、保健室や別室への登校をしている…」などお子さんと同じように保護者の方も「どうしたらいいんだろう…」と悩んでいませんか?

「はぐくみのつどい」は、ご家庭でのお子さんとの過ごし方や学校とのかかわり方など同じ悩みや心配をお持ちの保護者の方々が集まり一緒に語り合う場です。

ご案内