ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 木造阿弥陀如来坐像

本文

木造阿弥陀如来坐像

更新日:2019年4月11日更新 印刷ページ表示

 浄土院の本尊像です。蓮華座上に坐り、頭部をやや前傾させ、両手とも第一・二指を捻じています。像容は均整がとれていて、豊かに肉づけされ、衣文が力強く表現されています。

  • 件名 木造阿弥陀如来坐像
  • かな もくぞうあみだにょらいざぞう
  • 数量 1躯
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(彫刻)
  • 指定日 昭和61年3月4日
  • 所在(有) 奈良市西大寺小坊町 浄土院
  • 小学校区 伏見
  • 形状等 像高95.5cm
  • 備考 鎌倉時代