ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 木造弘法大師坐像

本文

木造弘法大師坐像

更新日:2019年4月11日更新 印刷ページ表示

 裸形に作られ、衣を着せて安置されています。全身裸体の像は数少なく、中でも裸形の弘法大師像は他に鎌倉青蓮寺に伝わるのみです。裸体像に衣を着せるのは大師の入定観(にゅうじょうかん)に基づくものであるとされ、美術史のみならず当時の信仰の姿を知る上でも貴重です。

  • 件名 木造弘法大師坐像
  • かな もくぞうこうぼうだいしざぞう
  • 数量 1躯
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(彫刻)
  • 指定日 昭和60年3月7日
  • 所在(有) 奈良市高御門町 西光院
  • 小学校区 椿井
  • 形状等 像高80.7cm
  • 備考 鎌倉時代