ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 木造阿弥陀如来坐像

本文

木造阿弥陀如来坐像

更新日:2019年4月11日更新 印刷ページ表示

 阿弥陀の定印(じょういん)を結ぶ形制に表される等身の如来坐像です。体躯は均斉がとれて安定感があり、まとまりのよい像容をなしています。相貌は抑揚が少なく穏やかで、衣文は彫りが浅く、数の少ない襞をゆるやかに刻んでいます。このような作風は定朝様(じょうちょうよう)を踏襲していて、12世紀の特色をよく示し、市内に所在する如来坐像の佳品として貴重です。

  • 件名 木造阿弥陀如来坐像
  • かな もくぞうあみだにょらいざぞう
  • 数量 1躯
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(彫刻)
  • 指定日 平成6年3月2日
  • 所在(有) 奈良市茗荷町881 茗荷町自治会
  • 小学校区 田原
  • 形状等 像高86.0cm
  • 備考 平安時代