ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木造天部立像

更新日:2019年4月11日更新 印刷ページ表示

 一木造(いちぼくづくり)で、丸顔の頭部に大きめの目鼻立ちを付し、体部は幅と奥行が十分あり、衣文も切口がするどく、翻波式衣文(ほんぱしきえもん)が刻まれているなど平安時代前期の古様なところを残しています。市内に残る天部像の中でも古いものの一つです。

  • 件名 木造天部立像
  • かな もくぞうてんぶりゅうぞう
  • 数量 1躯
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(彫刻)
  • 指定日 昭和63年3月3日
  • 所在(有) 奈良市虚空蔵町 弘仁寺
  • 小学校区 帯解
  • 形状等 像高157.4cm
  • 備考 平安時代