ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 興隆寺町八坂神社社叢

本文

興隆寺町八坂神社社叢

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 社叢は突出した屋根の先端が瘤状に突起したその上面および斜面に発達しています。直径70cm前後、高さ約20mのツブラジイ(コジイ)を優先種とし、アラカシを伴うツブラジイ林で、亜高木層にユズリハ、カナメモチ、サカキ、イヌシデ、コシアブラ、ネズミモチ、スギ、ヒノキを、草木層にはベニシダ、ヒトツバ、ジャノヒゲ、ニセジュズネノキ、テイカカズラ、サネカズラを伴い、良く保存されています。
 この社叢は奈良市における、本標高域(280m)での典型的な林相を保つもので、学術的に極めて貴重なものです。

  • 件名 興隆寺町八坂神社社叢
  • かな こうりゅうじちょうやさかじんじゃしゃそう
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(天然記念物)
  • 指定日 平成3年4月10日
  • 所在地 奈良市興隆寺町319
  • 所有者 興隆寺町
  • 小学校区 帯解