ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 田原中之庄天神社社叢

本文

田原中之庄天神社社叢

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 天神社社叢は、海抜約430mにあり、面積が狭いわりに、暖帯林の主要構成種をそろえており、内陸の暖帯上部極相林としてよく林相が維持されています。
 最大木はツクバネガシの胸高直径280cmのもので、ツクバネガシ、ウラジロガシの種で胸高直径100cm以上の巨樹が9本あることは特に学術的価値を高めています。

  • 件名 田原中之庄天神社社叢
  • かな たわらなかのしょうてんじんじゃしゃそう
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(天然記念物)
  • 指定日 昭和58年4月7日
  • 所在地 奈良市中之庄町476
  • 所有者 中之庄町
  • 小学校区 田原