ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 王龍寺境内のコジイ林

本文

王龍寺境内のコジイ林

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 王竜寺の境内地と参道南側を中心に残っている自然林。その森林の本体はコジイ(ツブラジイ)、ヤブツバキ、アセビ、ヤマモモ、ナナメノキにヒサカキ、ベニシダなどを林床にまじえる照葉樹林(常緑広葉樹林)で、胸高幹囲150cm以上の巨樹も多くみられます。
 市内西部における数少ない自然林として貴重であり、西部丘陵地の自然植生を知る上で、きわめて学術的価値が高いものです。

王龍寺境内のコジイ林

  • 件名 王龍寺境内のコジイ林
  • かな おうりゅうじけいだいのこじいりん
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(天然記念物)
  • 指定日 平成15年3月6日
  • 所在地 奈良市二名六丁目1492・1464-4
  • 所有者 王龍寺
  • 小学校区 二名