ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

浄教寺のソテツ

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 江戸時代に本堂が建立された際に植えられたと伝えられています。根元から25本の幹が出ている姿は「ソテツの巨樹」として参拝者に親しまれています。

  • 件名 浄教寺のソテツ
  • かな じょうきょうじのそてつ
  • 数量 1株
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(天然記念物)
  • 指定日 昭和54年5月14日
  • 所在地 奈良市上三条町18
  • 所有者 浄教寺
  • 小学校区 椿井