ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

森家住宅

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 旧市街である奈良町地区にある町家です。南隣に奈良県指定有形文化財・細川家住宅がありますが、森家住宅はもとは細川家の隠居所であったと伝えられています。形式・手法から、明治20年代(1887-96)頃の建築とみられます。
 南側を通り土間とし、北側に4つの居室を1列に並べています。通り土間は居室部より奥行が短く、屋根が一段低くなっています。正面の丸太格子は奈良の町家にみられる特色のひとつで、「奈良格子」とも呼ばれます。
 居室は、壁を青竹色の色土(いろつち)で仕上げ、ミセノマを網代(あじろ)天井として茶室風に造り、床柱(とこばしら)等に皮付き丸太を用いるなど、随所に数寄屋(すきや)趣味が見られます。奥の庭に面するザシキの西と南に縁を設け、南縁上方の屋根を入母屋造としています。
 平成23年(2011)に半解体修理工事が竣工し、丸太格子や通り土間が復原されるなど、ほぼ建築当初の姿がよみがえりました。

森家住宅
森家住宅 北東から撮影
(左奥は県指定有形文化財・細川家住宅)

  • 件名 森家住宅
  • かな もりけじゅうたく
  • 数量 1棟
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(建造物)
  • 指定日 平成16年3月3日
  • 所在地 奈良市南城戸町
  • 所有者 個人
  • 小学校区 椿井
  • 構造形式 桁行5.8m、梁間15.5m、正面庇付、切妻造段違、背面一部入母屋造、桟瓦葺
  • 年代 明治20年代頃
  • 見学 内部見学は所有者に要予約。無料。
    <連絡先>電話・Fax:0742-48-4682
    gmi067@yahoo.co.jp
  • 交通 近鉄奈良駅4番出口から南へ徒歩10分
    JR奈良駅から東南に徒歩15分