ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

松本家住宅

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 松本家住宅は、建築時の史料(願書・板絵図)により、文久3年(1863)に建てられたことがわかります。
 大規模で上質な大和棟(やまとむね)の建物で、近世末の庄屋層の民家の姿をよく伝えており、奈良市東部地域を代表する民家として貴重です。
 また、この建物では明治6年(1873)頃から大正頃まで郵便事務が行われました。現在も窓口とカウンターが残り、近代郵便制度草創期の郵便取扱所(明治8年郵便局と改称)の様子を伝えている点でも、貴重な建物といえます。

松本家住宅の画像
松本家住宅

  • 件名 松本家住宅
    付 願書1枚  板絵図1枚
  • かな まつもとけじゅうたく
  • 数量 1棟
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(建造物)
  • 指定日 平成14年3月4日
  • 所在地 奈良市茗荷町
  • 所有者 個人
  • 小学校区 田原
  • 構造形式 桁行20.8m、梁間9.4m、切妻造段違、茅(背面銅板)及び桟瓦葺、四面庇付、桟瓦葺
  • 年代 江戸時代 文久3年(1863)