ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 木造不空羂索観音坐像

本文

木造不空羂索観音坐像

更新日:2020年4月23日更新 印刷ページ表示

公開を臨時休止しています

 木造不空羂索観音坐像不空羂索観音は人々を慈悲の綱(羂索)で救うといわれます。応現寺に安置されるこの像は、三つの目と八本の腕をもち、羂索を握る姿を表しています。均整のとれたゆったりとした体つきに定朝様(じょうちょうよう)という優美な作風の影響がみられ、11世紀末から12世紀前半頃の作と考えられています。
 その頃は、興福寺南円堂の不空羂索観音像が藤原氏に崇拝され、たびたび模造されました。本像はそうした風潮の中で造られた貴重な遺例です。
 なお、かつて応現寺の近くには、興福寺僧が籠山(ろうざん)した善根寺があり、本像は善根寺に伝来したといわれています。

  • 件名 木造不空羂索観音坐像
  • かな もくぞうふくうけんさくかんのんざぞう
  • 数量 1躯
  • 指定(分類) 重要文化財(彫刻)
  • 指定日 昭和61年6月6日
  • 所在地・所有者 奈良市東鳴川町31 東鳴川観音講
    (管理団体 奈良市)
  • 小学校区 興東
  • 形状等 像高90.6cm
  • 備考 平安時代

関連情報

東鳴川町「木造不空羂索観音坐像」の公開(臨時休止)