ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 春日神社拝殿(舞台)

本文

春日神社拝殿(舞台)

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示
  • 奈良市東部地域に分布する茅葺(かやぶき)の舞台形式の建物のうち、拝殿の機能をもつ例です。
  • 簡素ながら、柱や梁などに太い部材を使用し、天井や蟇股(かえるまた)を備えるなど、入念な造りです。保存状態も良く、素朴な拝殿の姿をよく留めています。
  • 東部地域における神社拝殿建築の典型例のひとつとして価値が高いです。

春日神社拝殿(舞台)の画像
春日神社拝殿(舞台)

  • 件名 春日神社拝殿(舞台)
  • かな かすがじんじゃはいでん(ぶたい)
  • 数量 1棟
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(建造物)
  • 指定日 平成30年3月29日(昭和45年3月7日 都祁村指定文化財)
  • 所在地 奈良市下深川町1327
  • 所有者 春日神社
  • 小学校区 都祁
  • 構造形式 桁行1間、梁間1間、一重、入母屋造、妻入、茅葺
  • 年代 明治時代

地図情報

奈良市指定文化財(建造物)春日神社拝殿(舞台)