ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 文化財 > 文化財 > 文化財 > 教育大学前の町家

本文

教育大学前の町家

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 奈良町南東部の紀寺町に位置し、昭和15年(1940)に貸家の住宅地として開発された一角にあります。袋小路の両側に8棟建てられた貸家のうちの1棟です。一般的な貸家形式である長屋とせず、南北に通る袋小路に妻面を向けた切妻造平入の独立棟とし、北面と南面に庭をとる配置計画に特徴があります。
 通り土間がなく玄関の間を設ける点は、従来の伝統的な奈良の町家にはない特徴で、床(とこ)付きの座敷を構え、ガラスの建具を縁先に用い、路地側に狭い土間の台所(※1)を設けるなど、戦前の貸家の姿をよく伝えています。

※1現在は床張り

教育大学前の町家外観の画像
教育大学前の町家 外観

  • 件名(かな) 教育大学前の町家(きょういくだいがくまえのまちや)
  • 数量 1棟
  • 登録(分類) 登録有形文化財(建造物)
  • 登録日 平成30年11月2日
  • 所在地 奈良市紀寺町
  • 所有者 個人
  • 小学校区 飛鳥
  • 構造形式 木造平屋建、瓦葺、建築面積59m²
  • 年代 昭和15年(1940)/平成27年改修