ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

弘仁寺の算額

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 算額は、和算の問題及び解法を記して神前、仏前に奉納した絵馬の一種です。県内で確認されている5面のうち3面が奈良市内にあり、そのうち2面が弘仁寺のものです。
 (1)は九乗根の問題を算木を使って解くもので、全国所在の算額のなかでも算木による算法(天元術)を描いたものは珍しいです。文政10年(1827)の作です。
 (2)は49桁に及ぶ大数を計算する問題で、これは現存の算額中で最大の桁数です。師匠の肖像を描きこんだ豪華な装丁がなされ、九州や四国など遠方の門弟が名前をつらねるなど、当時の和算塾の隆盛を物語っています。安政5年(1858)の作です。
いずれも当時、行われていた和算の内容をよく表すもので、大和における和算家やその門弟の広まりを示すとともに、数少ない算額の遺例としても貴重です。

(1)板地墨書

板地墨書板地墨書翻刻

(2)板地著色

(2)板地著色の画像板地著色翻刻

  • 件名 弘仁寺の算額
  • かな こうにんじのさんがく
  • 数量 2面
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(有形民俗文化財)
  • 指定日 平成6年3月2日
  • 所在(有) 奈良市虚空蔵町46 弘仁寺
  • 小学校区 帯解
  • 形状等 (1)板地墨書 縦85cm 横115cm
    (2)板地著色 縦112cm 横242cm
  • 備考 江戸時代