ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

五つ塚古墳群

更新日:2019年4月1日更新 印刷ページ表示

 五つ塚古墳群は奈良市山町に所在する古墳群です。その名の通り、5基からなる古墳群で、いずれも丘陵後背部を掘削して盛土した、いわゆる山寄せの古墳です。5基の古墳は丘陵の縁辺に沿って「W」字形に配置されています。5基の円墳からなる古墳群として知られていましたが、平成6年度(1994)に奈良市教育委員会が測量・発掘調査を行い、谷側の2基が方墳であることがわかりました。
 埋葬施設はすべて横穴式石室で、副葬品等は不明です。

  • 件名 五つ塚古墳群
  • かな いつつづかこふんぐん
  • 数量 5基
  • 指定(分類) 奈良市指定文化財(史跡)
  • 指定日 平成8年4月11日
  • 所在地 奈良市山町989
  • 所有者 山町共有地
  • 小学校区 帯解
  • 年代 古墳