ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

内山家貸家

更新日:2020年9月25日更新 印刷ページ表示

 奈良町の南東部の紀寺町に位置し、南北の路地に西面して建つ貸家です。
 昭和5年(1930)から始まった昭和恐慌の折に、貸家として建てられたと伝わっています。戦前は奈良連隊の中尉などが居住し、その後も長年貸家として使用されてきました。平成29年(2017)に修理を行い、現在は貸しイベントスペース「木屋」(きや)として活用されています。
 通り土間がなく玄関の間を設ける点、床(とこ)付の座敷、ガラス障子等を用いた開放的な縁など、戦前の良質な貸家の姿をよく伝える建物です。

内山家貸家外観
内山家貸家 外観

  • 件名(かな) 内山家貸家(うちやまけかしや)
  • 数量 1棟
  • 登録(分類) 登録有形文化財(建造物)
  • 登録日 令和2年4月3日
  • 所在地 奈良市紀寺町
  • 所有者 有限会社内亀
  • 小学校区 飛鳥
  • 構造形式 木造平屋建、瓦葺一部金属板葺、建築面積69m²
  • 年代 昭和前期/平成29年改修