ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

女性就業に関する調査結果

更新日:2024年1月31日更新 印刷ページ表示

■更新情報 2024年1月31日 【速報】奈良市企業の女性雇用に関するアンケート回収結果についてを公表しました。

■更新情報 2024年6月14日 (1)奈良市女性の仕事と生活に関するアンケート調査 及び(2)奈良市企業の女性雇用に関するアンケート調査の調査結果(詳細版)の公表予定時期を6月に変更しました。

結婚・出産・育児を機に退職した女性の再雇用、中途採用の状況、育児をしながら働く従業員に対する両立支援や雇用管理の取組みなどに関する情報を収集し、今後の施策の検討に活用するため、下記の調査を実施しています。

令和5年度 奈良市・奈良女子大学共同研究「奈良市の育児期女性と地域労働市場」

調査対象・調査期間

  アンケート調査名 対象者 調査期間
(1) 奈良市女性の仕事と生活に関するアンケート調査 18歳以下の子がいる25~49歳の市内在住の女性の中から無作為に抽出させて頂いた6,000人の方。 調査期間終了(2月16日まで)
(2) 奈良市企業の女性雇用に関するアンケート調査 市内の事業所の中から業種・規模別に抽出させて頂いた2,000事業所。 調査期間終了(1月11日まで)

アンケート調査票 [PDFファイル/11.8MB]
※オンライン調査で実施したため、選択した選択肢によって設問が分岐します。こちらのアンケート調査票は全文を記載したものです。

アンケート回収結果について

奈良市内の240事業所及び育児期女性1550名からの有効回答を頂きました。

お忙しい中、アンケート調査にご協力いただきましてありがとうございました。

(1)奈良市女性の仕事と生活に関するアンケート調査 及び(2)奈良市企業の女性雇用に関するアンケート調査の結果(詳細版)については、6月中に公開を予定しております。

「女性活躍の地域的課題―奈良市の育児期女性と地域労働市場―」奈良女子大学と共催でフォーラムを開催します

人材不足が経営上の大きな不安要素となる中、女性を戦略的に生かすことで生産性向上や企業価値の向上を目指す企業に向けて、アンケート調査結果の具体的な数値をもとに、女性活躍の地域的課題と将来を展望します。

  • 開催日時:2024年6月28日(金曜日)13時30分~16時00分
  • 開催方法:奈良カレッジズ交流テラス(奈良市北魚屋東町)及び Zoomオンライン
  • 開催テーマ 第22回社会連携フォーラム 「女性活躍の地域的課題―奈良市の育児期女性と地域労働市場―」
  • 内容 

 (1)報告    ・共同研究の概要

      ・女性の就労の課題

      ・奈良市女性就労支援事業の取り組みについて

  (2)ディスカッション

      ・奈良女子大学教授 水垣源太郎

      ・奈良女子大学アジアジェンダー文化学研究センター協力研究員 飯田愛紀

      ・一般社団法人南都経済研究所上席研究員 秋山利隆

      ・奈良女子大学特任教授 藤田和代

ko

奈良女子大学第22回社会連携フォーラムチラシ [PDFファイル/137KB]

平成28年度 奈良市・奈良女子大学共同研究「奈良市の有配偶女性の就業継続と再就職」

調査対象

  アンケート調査名 対象者
(1) 「子育て期女性の仕事と生活に関するアンケート調査(女性調査)」

18歳以下の子がいる30~49歳の市内在住の女性の中から無作為に抽出させて頂いた3,000人の方。

(2) 「奈良市における有配偶女性の就業継続と再就職アンケート調査(企業調査)」

常用雇用者数10人以上の市内に事業所がある企業の中から業種・規模別に抽出させて頂いた1,000事業所。

調査結果

子育て期女性の仕事と生活に関するアンケート調査(女性調査)

奈良市における有配偶女性の就業継続と再就職アンケート調査(企業調査)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)