ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > 報道発表(プレスリリース) > 報道・プレスリリース > 奈良市と宇陀市との木材の寄附に関する協定締結について(令和元年7月23日発表)

本文

奈良市と宇陀市との木材の寄附に関する協定締結について(令和元年7月23日発表)

更新日:2019年7月23日更新 印刷ページ表示

奈良市では、令和元年7月30日(火曜日)午前11時45分から、奈良市役所第1研修室で、奈良市立一条高等学校講堂改築その他工事において、宇陀市から奈良市へ講堂床部分に使用するフローリング材の寄附を目的とした協定を締結します。

協定の締結にあたり、下記のとおり締結式を開催します。

1 日時

令和元年7月30日(火曜日) 午前11時45分~

2 場所

奈良市役所 第1研修室(中央棟6階)

3 出席者

奈良市 仲川 げん
宇陀市 高見 省次
隈 研吾 氏(一条高等学校講堂設計者)

4 次第

  • 開会
  • 協定書の署名・交換
  • 記念撮影
  • 仲川奈良市長挨拶
  • 高見宇陀市長挨拶
  • 隈研吾氏挨拶
  • 当協定に関する質疑応答
  • 閉会

一条高等学校講堂改築及び木材の寄附に関する概要

1 講堂改築及び木材寄附の概要

一条高等学校の講堂については、国の耐震基準を下回り、老朽化が進んでいたため、同校の70周年記念事業として講堂の建替えを進めているところで、令和2年度中の供用開始を予定している。

そのような中、新講堂の床に使用するフローリング材について、宇陀市産圧密圧貼フローリングのPRを図るため寄附を行いたい旨、宇陀市から申し出があり、当該寄附を受領することとなった。

2 木材の概要

一条高等学校の新講堂の床等に使用する木材については、プレス圧縮強化加工により通常よりも強度の高い宇陀市産木材を使用する。

名称

宇陀市産圧密圧貼フローリング

製品サイズ

厚さ15mm(3mm+12mm)×幅90mm×長さ895mm

表面

圧密杉板60%圧縮材3mm

芯材

宇陀市産針葉樹合板12mm

使用面積

約485.1平方メートル分

3 新講堂の概要

一条高等学校において、「一条高等学校新講堂建設実行委員会」を組織し、同委員会が隈研吾建築都市設計事務所に新講堂の設計業務を依頼された。
新講堂のコンセプトについては、同校のシンボルである「一条丸」の舳先(へさき)をイメージした未来を創造する70周年メモリアルモニュメントとして、創造性を育み、発信を行う殿堂とし、更なる一条高等学校の発展につながる建築として期待を寄せている。

ダウンロード

【リリース資料】奈良市と宇陀市との木材の寄附に関する協定締結について[PDFファイル/910KB]

問合せ先

教育部 教育総務課
電話:0742-34-4761

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)