ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 公開型GIS「奈良市地図情報公開サイト」の公開について(令和2年12月8日発表)

本文

公開型GIS「奈良市地図情報公開サイト」の公開について(令和2年12月8日発表)

更新日:2020年12月8日更新 印刷ページ表示

令和2 年7 月1 日から運用している「奈良市道路損傷等通報システム」の基盤となっているGIS システムを改修して、道路損傷等通報システムの他、都市計画情報や防災情報をはじめとする奈良市の地図情報を集約して「奈良市地図情報公開サイト」(以下、本サイト)として公開しました。
なお、道路損傷等通報システムは今までどおり、道路の問題個所(穴ぼこや街灯不点灯)の写真や場所をスマートフォンから通報できます。

概要

通報システムだけでなく、都市計画情報や防災情報その他の地図情報も閲覧できるようになりました。これにより、公開している地図情報については、市民や事業者が来庁せずにパソコン、タブレットやスマホから、いつでも閲覧できます。また、必要に応じて地図情報の印刷も可能です。

例えば、

  • 避難所を知りたい
  • 小学校や中学校の通学区域を知りたい
  • 公園の場所を知りたい

などの時に活用いただけます。

今後も、本サイトに掲載する地図情報の充実を図っていきます。

サイトURL

https://naracity.geocloud.jp/<外部リンク>

参考:奈良市公式ホームページ(https://www.city.nara.lg.jp/)トップページの右下にリンクを貼っています。
「奈良市の情報」>「奈良市地図情報公開サイト」より、本サイトへアクセスしてください。

GISとは

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。(国土地理院HP より)

報道資料

【リリース資料】公開型GIS「奈良市地図情報公開サイト」の公開について [PDFファイル/241KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)