ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 【市長会見】令和元年奈良市合計特殊出生率について(令和2年12月21日発表)

本文

【市長会見】令和元年奈良市合計特殊出生率について(令和2年12月21日発表)

更新日:2020年12月21日更新 印刷ページ表示

令和元年奈良市合計特殊出生率について

  • 令和元年の本市における合計特殊出生率は、1.23(平成30年の1.28から 0.05ポイント減)である。
  • 女性人口(15歳~49歳)が68,851人(平成30年70,429人)で前年より1,578人減少しており、出生数は2,160人(平成30年2,324人、前年比164人減)で、年齢別では15~44歳の年齢階級で減少した。
  • 合計特殊出生率は全国で減少しており、1.36(前年比0.06ポイント減)、奈良県においても減少しており、1.31(前年比0.06ポイント減)となっている。
  • 全国、奈良県よりも本市の減少が小さかった要因としては、25歳~29歳における出生率の上昇が考えられる。

1 令和元年奈良市合計特殊出生率

1.23(平成30年 1.28)

合計特殊出生率とは、女性が出産可能な年齢を15歳~49歳と定義し、それぞれの出生率を出し、足し合わせることで人口構成の偏りを排除し、一人の女性が一生に産む子供の平均数を示したものです。

合計特殊出生率=15~19歳の母の出生数(※1)/15~19歳の女性の人口(※2)×5+・・・+45~49歳の母の出生数(※1)/45~49歳の女性の人口(※2)×5

※1 出  生  数:厚生労働省「令和元年人口動態調査の母の年齢(5歳階級)別出生数」
※2 女性の人口:令和元年10月1日現在の住民基本台帳15歳から49歳の5歳年齢別女性人口

令和元年 奈良市 合計特殊出生率(図表) 

合計特殊出生率

2 合計特殊出生率の推移

合計特殊出生率推移

合計特殊出生率の推移

 

3 出生数および女性人口(15~49歳)の推移

出生数および女性人口推移

女性人口等推移のグラフ

4 母の年齢(5歳階級)別第1子出生数の推移

(1)母の年齢(5歳階級)別第1子出生数の推移

母の年齢(5歳階級)別第1子出生数の推移

(2)母の年齢(5歳階級)別第1子出生数の構成比率推移

母の年齢(5歳階級)別第1子出生数の構成比率推移

5 第1子出生平均年齢と女性の平均初婚年齢の推移

第一子出生平均年齢と女性の平均初婚年齢推移

本件に関するお問い合わせ先

健康医療部 保健所 保健衛生課
TEL:0742-93-8395

報道資料​

令和元年奈良市合計特殊出生率について [PDFファイル/490KB]

【動画】12月21日 奈良市長定例記者会見(手話付き)

12月21日 奈良市長定例記者会見(手話付き)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)