ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > 報道発表(プレスリリース) > 報道・プレスリリース > ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>の開催について(平成30年9月12日発表)

本文

ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>の開催について(平成30年9月12日発表)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたオーストラリアホストタウン事業の一環として、同競技大会のゴールドパートナー「株式会社LIXIL(リクシル)」が主催する「東京2020公認教育プログラム」である標記事業を開催します。

昨年度より本事業は全国展開しており、これまで99校7,269名の児童が体験しています。

1.日時

平成30年9月14日(金曜日) 午前8時55分~午後0時10分

  1. 午前8時55分~午前9時55分 5年1組、2組 体験の時間
  2. 午前10時15分~午前11時15分 6年1組、2組 体験の時間
  3. 午前11時25分~午後0時10分 合同座学の時間

2.場所

奈良市立鶴舞小学校 体育館(奈良市鶴舞東町2-1)

3.内容

  1. 健常者用に開発されたスポーツ義足を装着し、歩行や跳躍を体験
    • 選手のすごさ(努力)を実感する
    • いつもとは違う目線で社会を見てみる
  2. 実際に義足選手とふれあい、意識を変えるきっかけを作る。
  3. 誰もが使いやすいユニバーサルデザインを知る
    これからの社会に必要な共生社会について学ぶ

4.講師

山下 千絵(やました ちえ)選手

1997年7月13日生まれ
法政大学 学生

小学4年生の時に交通事故に遭い左膝から下を切断。5歳から続けていたテニスを、私立田園調布学園中高時代、そして大学2年現在も健常者に混ざって続けている。
大学でスポーツを専攻していたことをきっかけに板バネの義足に興味を持ち、現在は100mのタイムを残せるよう練習している。

自己ベスト
東京都ベスト8進出(テニス)

山下選手からのコメント
2020年に向けてパラリンピックの知名度が上がり、興味・関心を持つ人々が多くなりました。義足ってどれほど跳ねるのか、義足で走ることって大変なのか、普段なかなかできない体験を通して、さらに興味を持ってほしいと思います。

ダウンロード

このページのお問い合わせ先

市民活動部 スポーツ振興課
電話番号:0742-34-5376

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)